王様のお菓子いう名のパーティスイーツ

新年のお菓子として日本に定着しつつあるフランス菓子の「ガレット・デ・ロワ」。
もちろんフランス語で galette des rois "王様のお菓子"という意味。

画像1: 王様のお菓子いう名のパーティスイーツ


フランスで「エピファニー」(公現祭)にあたる1月6日を祝う菓子だが、菓子だけにとどまらず「楽しみ方」そのものをいう。このパイ菓子には王冠を載せ、パイ菓子の中にフェーヴという陶製の小さな玩具を1ケ仕込み、切り分けたときに、それが当たった者が「王」としてもて囃され戴冠し、この一年を幸せに過ごせるという、いわゆるパーティースイーツ。日本では年末から1月に楽しまれる。ちなみに、エピファニーとは、イエス・キリストが生誕した日を12月25日クリスマスと定めたのと同じように、イエスが生まれた後、東方の三賢人(ロワ マージュ=rois mages)がイエスに会いに来た日、つまりユダヤ人以外の人々に「神の子」として公になった日を1月6日エピファニーとしています。
一般的にはクレーム・ダマンド(アーモンドクリーム)とクレーム・パティシエール(カスタードクリーム)を混ぜ、フィユタージュ(パイ生地)で包み焼いたシンプルなパイ菓子。
アメリカではキングケーキ、ドイツではケーニヒスクーヘンといった、その国、その地にオリジナルの菓子がある。
日本では数年前までは伝統的なフランス菓子店が販売し、フランス菓子愛好家たちがエピファニー前後に楽しむぐらいの"仏魂仏才"マイナーな存在の菓子だったが、ここ数年はこれを商機とみたコンビニやデパ地下、ネットショップ、大手洋菓子チェーンなどで販売され、1月6日エピファニーにこだわらず日本の新年の菓子として、クリスマスケーキのように"和魂洋才"なモノになり、少しずつメジャー化しきた。
先ほどガレット・デ・ロワシンプルなパイ菓子と述べたが、実はつくるのには大変な技術を要し、そしてそれは実に美味しい。
特徴は焼き色と香りと食感、そしてナイフで表面に模様を描く"レイエ"。

画像2: 王様のお菓子いう名のパーティスイーツ


ドミニク・アンセル ベーカリーで調達したガレット・デ・ロワはその特徴が際立っていた。
フィユタ―ジュ・アンベルセ(逆折込パイ)という、通常とは逆のバター生地で包み込む、より熟練を要する手法でつくる。

画像3: 王様のお菓子いう名のパーティスイーツ

これにより焼き上がりのサクサクハラハラ感と細やかな厚みパイ層、そして焼き色が際立ちすこぶる美味しい。

画像4: 王様のお菓子いう名のパーティスイーツ

太陽のレイエも均一でシンプル美。ドミニク・アンセル・ベーカリーはニューヨークに本店があるが、このガレットデロワは東京オリジナルで、自由ヶ丘にある名店パティスリー「パリセヴェイユ」で研鑽してきたスーシェフパティシエとシェフパティシエ下高氏がみずから仕込む。

画像5: 王様のお菓子いう名のパーティスイーツ

ドミニクアンセルベーカリー東京 オフィシャルサイト

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.