人工知能が「書類選考」する時代に…人事分野でのAI活用が進む

採用や選考など人事業務での「人工知能」活用が広がりを見せている。 過去の採用データや合否結果から学習 毎日新聞は25日、人材紹介会社など3社がNECが開発した「書類選考を行う人工知能(AI)」を導入したと報じた。 過去の履歴書データと合否結果からAIが企業の採用傾向を学習・分析し、合致する人材を選択するという。 AIで人材マッチング NECは「顧客分析管理」や「顔認証」「意思決定の最適化」などさまざまな分野におけるAI技術開発に力を入れている。 昨年8月には「人材マッチング」などに活用するAIソフトウェアを発売。 選考などの人事業務にAIを活用することで、「業務の効率化」や「選考漏れ防止」「客観的な判断」などの効果が期待される。 人 [...]

irorio.jp
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.