46才の祖母が白血病の娘に代わって自分の孫を代理出産「人生最高の経験だった!」

オーストラリア・クイーンズランド州に住む46才の女性が、なんと自分の孫を無事に出産した。 妊娠した彼女の娘(25才)が白血病治療の影響で出産できなかったため、46才の彼女が代理出産。祖母が孫を出産するという形になった。 白血病の娘に代わって 娘のアリス・ホーヘンハウスさん(25才)は、4才の時に白血病と診断され、9才から全身放射線治療を受けていた。 その後23才の時に妊娠したが、15週間目で流産。放射線の影響で子宮に傷がつき、妊娠はできても、胎児を十分に大きく育てられない体であることが分かったという。 そして次に妊娠した時、あきらめていたアリスさんに、母親のテレサさんが代理出産を申し出た。 娘の幸せのために 「娘の胎内にはちゃんとし [...]

irorio.jp
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.