【イタリア中部地震】シェルターで暮らす難民が生活費の一部を被災者に寄付「少しでも役立てて欲しい」

24日午前3時30分頃、イタリア中部を震源とするM6程度の地震が発生し、多くの家屋が倒壊。現段階で約250人の死亡が確認された。 しかもまだ多くの行方不明者が瓦礫の下に埋まっているとされ、今も懸命の救出活動が続いている。 75人の難民が生活費の一部を寄付 そんな中、被災した人々を助けようと難民や亡命者らが声を上げた。 その難民とは南イタリア、ジョイオーザ・イオーニカ(Gioiosa Ionica)という地区のシェルターで暮らす75人。 彼らは毎週支給される生活費の一部を、地震によって愛する人を失った方や家を奪われた被災者のために寄付すると発表。 それによればこれは、難民として受け入れてくれたイタリアの人々に対する恩返しとして、少しで [...]

irorio.jp
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.