歯科の痛い麻酔注射がなくなる?点鼻スプレータイプの麻酔が米国で認可

現代の歯科治療は痛くないようになって来ているが、麻酔注射だけはどうしても痛い...。 だが、その痛みも近い将来なくなりそうだ。 点鼻スプレータイプの歯科用麻酔薬が開発され、米国FDA(食品医薬品局)に認可された。 鼻の手術麻酔がヒントに その麻酔薬「Kovanaze」を開発したのは、米国コロラド州を本拠地とする「St. Renatus」という会社。 創立者の一人マーク・コラール氏は元歯科医で、ある時鼻中隔湾曲症の手術を受けたが、その際に点鼻スプレータイプの麻酔で鼻や顔の感覚だけでなく、歯の感覚まで無くなっていることに気づいた。 これが開発のきっかけになったという。 米国FDAが認可 10年がかりで開発された点鼻スプレータイプのKovan [...]

irorio.jp
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.