1人ぼっちの自閉症の少年と一緒にお昼を食べるアメフト選手がステキ

ある母親がフェイスブックに投稿した写真が、人々の気持ちを温かくしてくれている。 ...とその前に、子どもは残酷なものだ。米フロリダ州に住む母リア・パスケさん自身も、中学時代には特に楽しい思い出もないそうだ。 年頃の子どもの厳しい現実 そんなリアさんには、現在中学校(middle school)に通う息子がいるのだが、キツイ時代を迎えた息子に対し、母として心配が絶えないという。 息子のボー君は自閉症を患っているのだが、「この点に関しては、息子が自閉症で良かったとすら思う」と述べている。 お昼ごはんは大抵1人 その理由について、リアさんは次のように綴っている。 というのも、息子は自分が手を打ち鳴らすと周囲から変な目で見られることにも、誰から [...]

irorio.jp
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.