岐阜県は郡上市和良町、緑はるかな深山より流れ出づる和良川の鮎は、伝統的な漁法で一匹づつ竿釣りされ、「和良鮎」と呼び食通を唸らせる。
和良川の清流と上質な藻類を餌に育った夏の和良鮎は、鮮やかな金色の模様、ふっくらした白身、スイカのような香りは正に「香魚」。じっくりと炭の遠火で炉端焼く。ワタの苦味が実に舌に甘い。
共に焼かれるのは夏鹿のヒレ肉。  

柳屋錦

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.