国内外の新車・中古車を販売する「Auto Produce NOW」は、9月1日(木)に「カーレンタル東京」をオープンしました。取り扱い車種は、イタリア製スポーツカー「ABARTH500」、1990年代の自動車レース界を席巻した「日産スカイライン GT-R(R32)」、そして、国際的にも最高水準の性能を誇る「日産GT-R(R35)」の最新モデル2017年型の新車をラインナップしています。

画像1: クルマ好きの夢を叶える“スポーツカーに特化した”レンタカーショップ「カーレンタル東京」

■憧れのスポーツカー、往年の名車に特化したレンタカーサービス
「カーレンタル東京」は、その経験や多くのユーザーの声を聴き、販売台数が少なくかつ高額であったり、現在は生産されていないなどの理由で所有できない高級スポーツカーや往年の名車を、手軽な価格でドライブすることができるレンタカーサービスを提供するものです。
取り扱い車種は、イタリア製スポーツカー「ABARTH500」(車名:アバルト500)、1989年に登場し自動車レース界を席巻した「1994年型 日産スカイラインGT-R(R32)」、そして、2007年に初登場し現在に至るまで国際的にも最高水準の性能を誇る「2017年型日産GT-R(R35)」の3車種です。
この他、2017年冬までにGT-R(R34)、4人乗りのオープンカー等を取扱い車種に加える計画です。
2017年型日産GT-R(R32)」は、2016年夏に発売された新車です。日産自動車系販売店でも試乗が難しいとされています。そのGT-Rの最新モデルがレンタカーとして登場することは日本初(2016年9月28日時点、同社調べ)となります。

画像2: クルマ好きの夢を叶える“スポーツカーに特化した”レンタカーショップ「カーレンタル東京」
画像3: クルマ好きの夢を叶える“スポーツカーに特化した”レンタカーショップ「カーレンタル東京」

■最新の2017年型 日産GT-Rを4時間コース22,000円からレンタル
「カーレンタル東京」では、レンタル車両の特殊性からレンタル車両運転者要件を設定しています。利用できるのは、満25歳以上、オートマティック車限定免許以外の自動車運転免許所有者で、運転歴は3年以上としています。いわゆるペーパードライバーの方は、利用できません。基本レンタル料金は、「2017年型日産GT-R」が4時間コース22,000円(消費税・保険料等別。[O4] 以下同じ)から、「ABARTH 500 ESSEESSE」が6時間コース13,500円から、「1989年型 日産 スカイラインGT-R(R32)」が6時間コース11,800円からとなっています。
なお、2016年10月末まで「カーレンタル東京」オープンを記念して、全車種を対象に基本レンタル料金を20%割り引くオープンキャンペーンを実施中です。

画像4: クルマ好きの夢を叶える“スポーツカーに特化した”レンタカーショップ「カーレンタル東京」
画像5: クルマ好きの夢を叶える“スポーツカーに特化した”レンタカーショップ「カーレンタル東京」

カーレンタル東京
TEL:047-391-8484

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.