「国民の痛みを伴う改革を…」経団連会長の要求に悲鳴

経団連会長が会見で「国民の痛みを伴う改革に取り組んでもらいたい」と発言し、悲鳴が上がっている。 榊原会長「国民の痛みを伴う改革を」と要望 経団連の榊原会長は11日の定例会見で、政治献金の呼びかけ表明や与党の経済政策評価に続き、次のように発言。 今後の期待として、政権基盤が安定している今だからこそ、政府・与党には社会保障制度改革や抜本的な規制改革など、いわゆる国民の痛みを伴う改革にも真正面からよりいっそう、強力に取り組んでもらいたい 経団連/YOUTUBE ーより引用 「国民の痛みを伴う改革に強力に取り組んでほしい」と述べた。 2020年の黒字化を目指して 具体的には「消費税率の確実な引き上げ」や「医療・介護などの社会保障制度改革」、 [...]

irorio.jp
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.