ドイツ連邦議会で、2030年までにガソリン車などを禁止する決議案が採択される

地球温暖化を防ぐための新たな動きがドイツで起きており、話題となっている。 超党派の支援を受けた決議案 先日、ドイツ連邦議会は、2030年までに発火燃焼エンジン(ディーゼル・ガソリン自動車)を禁止するという決議案を採択した。 決議案とは議会が政府に対して要望を示すものであり、法律ではないため法的拘束力はない。 しかし今回の決議案はドイツ議会において超党派の支援を受けて成立したものであり、今後の政府の政策に大きな影響を与える可能性もあるという。 そしてもし政府が法案として提出し可決されれば、ドイツ市民は将来電気もしくは水素自動車しか購入できなくなる。 パリ会議での合意を達成させるため またこの決議案は欧州委員会に対し、EU全土においてガ [...]

irorio.jp
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.