この春、日本発のオーガニックコスメブランド「オサジ(OSAJI)」がデビューしました。先日開催された「オサジ 谷中店」のレセプションパーティーに行ってきました!

「オサジ」とは?

「OSAJI」は皮膚の仕組みと真剣に向き合い、真摯に取り組んできた化粧品開発者である茂田正和さんが考案した「オーガニックコスメ&ライフスタイルブランド」です。

一風変わった名前「おさじ」…。
江戸時代、将軍や大名に仕える医師のことを、薬さじを使って薬を調合する姿に見立てて「おさじ」と呼ばれていたそうです。今回のブランド名、「OSAJI(オサジ)」は栄養バランスの良い食事をするように…、お気に入りの音楽を聞くように…、健康で心豊かな生涯を送るために…、コスメを通して生活に寄り添った「おさじ」でありたいという想いからネーミングされたそうです。

画像: 「オサジ」とは?

お店は谷中に!

今回、オープンした「オサジ谷中店」は谷中にあります。外観は「ん?ここにお店?」と感じる佇まい…。なんとも隠れ家的な雰囲気で、期待感が高まります!

画像1: お店は谷中に!

店内に入ると新ブランド「OSAJI」がキレイに並べられいます。
まるで雑貨屋さんに来たような感覚です。

新ブランド「OSAJI」が考える「オーガニックコスメ」は、一般的な「オーガニックコスメ」の概念とか少し異なるとのこと。「OSAJI」が考える「オーガニック」で重要視していることはオーガニックという基準で原料を選ぶのではなく、皮膚が拒絶しない「生体親和性」の高い原料を選ぶこと、だそうです。確かにオーガニック製品の中には触れただけで皮膚が拒絶反応を示すものも少なくありませんよね。皆さんもそんな経験があるのではないでしょうか?「OSAJI」は世界最高峰の安全性を誇ると言われる日本の化粧品技術を駆使し、生涯使い続けられる「オーガニックコスメ」を目指しているとのことです。

画像2: お店は谷中に!

「OSAJI」が考える「オーガニック」はコスメだけに留まりません。肌に触れるものすべてが重要、という観点から今回はタオルなどの雑貨のラインアップも発表されました。

画像3: お店は谷中に!

<OSAJI商品リスト>
・スキンケア (1,800〜3,500円)
クレンジング、洗顔料、化粧水、フェイシャルゲル、美容液、クリーム、リップゲル、クレイパック
・ボディケア (1,000〜2,500円)
ハンドソープ、ハンドクリーム、マッサージリキッド、ボディソープ、ボディゲル
・ヘアケア (2,000〜2,400円)
ヘアシャンプー、ヘアコンディショナー
・オーラルケア (1,000〜1,500円)
歯磨き粉、デンタルリンス
・雑貨(500〜2,500円)
4重ガーゼタオル、陶器(カップ、ソープディッシュ、歯ブラシスタンド)

なんと「甘酒」も提供されています!

「オサジ 谷中店」ではなんとコスメショップでありながら「甘酒」も販売されています!
もちろん、私もいただいてきました!

画像: お店ではブレンドされた甘酒をいただくことができますよ!

お店ではブレンドされた甘酒をいただくことができますよ!

OSAJIが考えるオーガニックの想いから「美味しい、肌にやさしい甘酒」が開発されました。なんとフランスで修行をした経験のあるスタッフさんを中心にメニューを開発するという気合の入れよう…!もちろんお味も美味しくいただきましたよ!

お店では
「イタリア産マスカルポーネとレモンの甘酒」
「宇治抹茶と黒蜜の甘酒ラテ」
「フレッシュいちごヨーグルト甘酒」
が販売されていますが、価格も450円から、とチャレンジしやすいですね。どの甘酒も飲みやすくブレンドされていていますので、ちょっと甘酒苦手かな、という方でも飲みやすいのではないでしょうか?一度、試してみる価値、ありますよ!

AMAZAKE
肌のことを考えて。OSAJIオリジナルブレンド甘酒
・イタリア産マスカルポーネとレモンの甘酒 / Hot or Ice 450円
・宇治抹茶と黒蜜の甘酒ラテ / Hot or Ice 450円
・フレッシュいちごヨーグルト甘酒 / Ice 550円

日本初のオーガニックコスメで綺麗に!そして甘酒で内からも綺麗に!
開発者の想いがたくさん詰まった「オサジ谷中店」、ぜひ、足を運んでみてください!

YANAKA SHOP
〒110-0001
東京都台東区谷中2-5-14 A区画
OSAJI 谷中店
TEL: 03-5834-8524

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.