3月3日は桃の節句のひな祭り、5月5日は端午の節句のこどもの日。どちらも長い間子どもの成長を願い、祝う伝統文化として続けられてきたお祝いごとです。 ひな祭りの起源は平安時代で、現在のように家庭で雛人形が飾られるようになったのは江戸時代からと言われています。 ひな祭りが近づいてきた今、節句・伝統文化の啓蒙と振興のために活動している一般社団法人日本人形協会が、ひな祭りをテーマにしたショートムービー『同じ空の下~受け継がれる日本人形~』を公開しました。 始まりは0歳の時の出会いから ストーリーは、2人の赤ちゃんの出会いから始まります。1人は男の子のタカシ、もう1人は女の子のシオリ。2人は偶然にも、顔の同じ位置にホクロがありました。 同時に [...]

irorio.jp
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.