政府が「居酒屋や焼き鳥屋などを原則禁煙」とする方針を固めたことがわかり、物議を醸している。 受動喫煙防止対策を強化、罰則も検討 2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、政府は「受動喫煙防止対策」の強化を議論している。 政府が昨年公表した基本的な方向性によると、建物内は原則禁煙へ。 実効性を高めるために違反者に勧告や命令を行い、それでも違反する場合には罰則を適用することも検討されている。 「例外を設けるか?」で議論 これに対して飲食業界などが強く反発。「のべ床面積約30平方メートル以下で、主に酒を提供するバーやスナックなどの小規模店は例外」とするなどの案が浮上している。 さらに、小規模な「居酒屋」や「焼き鳥屋」なども例外 [...]

irorio.jp
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.