いつ発生するか分からない「地震」にどう備えればいいのだろうか。 「首都直下地震」30年以内に70%の確率 東日本大震災から、2017年で6年目となる。 11年3月11日14時16分に三陸沖を震源としたマグニチュード9.0の地震が発生した。 地震で発生した津波により被害は甚大に。 1万9533人が死亡、現在も2585人が行方不明となっている。 日本列島は海洋プレートと大陸プレートの境界に位置するため地震が多く、また四方を海に囲まれている上に長く複雑な海岸線で、津波による大きな被害が発生しやすい。 内閣府の資料によると、首都直下地震が30年以内に発生する確率は70パーセント。 駿河湾から静岡県内陸部を震源とする東海地震は「いつ起こっても [...]

irorio.jp
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.