いよいよ4月20日(木)にオープンする『GINZA SIX』。その広さやデザイン性から、早くも大注目を浴びていますね!今回はその最上階に位置する『GRAND CRU CAFE GINZA』さんの、ラグジュアリーすぎるカフェにて、一足先に、世界初のコーヒーをいただいてきました☆オトナの一歩におすすめですですよ。

セラーに眠るのはまさかの・・・?!

まず圧巻なのは、入り口横にあるワインセラー。こちらに並ぶのはなんと、ワインではなく、コーヒー!

画像1: セラーに眠るのはまさかの・・・?!

コーヒーハンターとしても名高い川島良彰さんが、40年以上の努力をかけて生んだ傑作、『Grand Cru Cafe』が勢ぞろい。そう、こちらは、畑の選別からカップに至るまで、最高峰のラインを全銘柄取り揃えた、コーヒーを本当に愉しみたい人のためのラグジュアリーなラウンジ。

画像2: セラーに眠るのはまさかの・・・?!

もちろん注文を受けてから一杯ずつ、一流のバリスタが丁寧にハンドドリップ。銀座の景色を眺めながらのんびりと待つ時間は、まさに贅沢そのものです。

画像3: セラーに眠るのはまさかの・・・?!

世界初披露の「MAMO」とは!!

さて、この度こちらで世界初のお披露目となったのが、新品種『MAMO』。

画像: 世界初披露の「MAMO」とは!!

ハワイでの研究、栽培の努力をへて、ついにデビューにいたったこちらは、モカとマラゴジッペという品種の人工交配により生まれた、奇跡のコーヒー豆なんだとか。

さっそく…噂の『MAMO』をいただきました!

今回は、こちらのスペシャリテ『MAMO』を、僭越ながら一足先に…いただきました!なんと、我がカワコレメディアが一番乗り!世界初のコーヒーのデビュー1杯目をいただけるなんて…感激!

画像1: さっそく…噂の『MAMO』をいただきました!

気になるお味は…。薫りはとても爽やか!この爽やかさはマラゴジッペ種から来る柑橘系のアロマだそう。口に含むとモカ独特の酸味がありますが、これが実にまろやかです。喉を通るときに広がる旨みは、まるで黒ビールのように芳醇です。

画像2: さっそく…噂の『MAMO』をいただきました!

美しいカップに、贅沢なソファー。銀座を眺めながらいただく至福の一杯は、今までに体験したことのない満足感。新しい大人の嗜みとして、是非味わっていただきたいです。

画像3: さっそく…噂の『MAMO』をいただきました!

でも!緊張することはありません!
コーヒーに詳しくない私にも、とても気さくなバリスタさんや、可愛い制服のお姉さんが優しく説明をしてくれます。それぞれの豆にはストーリーも。
コーヒー豆それぞれの物語を聞きながらいただくと、その味わいもまた格別になりますね。

画像: 丁寧な説明書を見ながらコーヒーを待つのもよし。

丁寧な説明書を見ながらコーヒーを待つのもよし。

ボトルキープで、オーナーになる楽しみを・・・

注文は100gのハーフボトルから。飲みきれなかったボトルは、先ほどのセラーでキープできます。
お値段10,000円から。
全12銘柄の『Grand Cru Cafe』と、『MAMO』を含む新シリーズ、Reservaの2銘柄、全14銘柄がラインアップ。ボトルはお持ち帰りの他、6人まで一緒にいただけるので、みんなでいただくのもいいですね。

画像1: ボトルキープで、オーナーになる楽しみを・・・
画像: 『GRAND CRU CAFÉ GINZA』開業にあわせて専 用のアプリ『GRAND CRU CAFÉ GINZA APP(仮称)』もリリース。来店者やコーヒー セラーオーナーはアプリを通じてボトルキープの状況や所有している豆の管理ならびに支払いをすることが可能となります。

『GRAND CRU CAFÉ GINZA』開業にあわせて専 用のアプリ『GRAND CRU CAFÉ GINZA APP(仮称)』もリリース。来店者やコーヒー セラーオーナーはアプリを通じてボトルキープの状況や所有している豆の管理ならびに支払いをすることが可能となります。

コーヒーを愛する本物の大人に、というコンセプトなので、メニューはコーヒー一筋。ミルクもお砂糖もありません!いただけるのは、世界最高峰の味わいと贅沢感…。

【取扱銘柄】
Grand Cru Café 10,000円(税別)
・「サン セバスティアン農園 コンセプション ドゥラスノ」 (100g)
フルーティーな優しい酸味とハチミツのような甘い風味。その甘み・酸味・ボディのバランスは絶妙。 とろけるような舌触りと余韻がどこまでも続く。
・「コトワ農園 ボゴ」 (100g)
あたたかみのある甘みとスパイシーな風味。柔らかな酸となめらかな質感が丸く優しい味わい。 ・「モンテカルロス農園 クンブレ デ ボルカン パカマラ」 (100g)
フローラルで華やかな香りが広がる。溢れるみずみずしさと甘く香ばしい風味が最後まで続く。
等全12銘柄
Grand Cru Café Limited 30,000円 (税別)〜
・「コトワ農園 リオ クリスタル ゲイシャ バーガンディ ナチュラル 2013年」(100g)
プラムをイメージさせるアロマ、オレンジピールとカカオの風味が舌を包み込むように広がる。まろ
やかで甘いアフターテイスト。
・「コナ グリーンウェル農園 ジェニ K 2013年」 (100g)
ひと口目で感じる甘さが最後まで途切れずにご堪能いただけるリッチな味わい。マカダミアナッツ のようなアロマと濃厚な甘みに、豊かなボディとまろやかな舌触りが重なる。後味に感じるほのか で上品な酸味は、これまでのコナ・コーヒーの常識を覆す。
“RESERVA” (レゼルバ)シリーズ 10,000円 (税別)
・「ミルキーブルボン サン セバスティアン農園 セミウォッシュト 2016年」 (100g)
まるでミルクのような甘さが特徴、フルボディでありながらも、口溶けが優しい酸とコク。 ・「マモ グリーンウェル農園 2017年」 (100g)
モカ独特の香りと舌に伝わる旨み、マラゴジッペが持つ柑橘系のアロマとスパシーで甘い風味。

銀座の新しい顔『GINZA SIX』で、新しい愉しみ方として、『GRAND CRU CAFE GINZA』で大人のコーヒータイムを味わってみてください!

画像2: ボトルキープで、オーナーになる楽しみを・・・

GRAND CRU CAFÉ GINZA(グラン クリュ カフェ ギンザ)
住所 東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 13F
電話 03-6274-6841
営業時間 11:00~23:30(休店日はGINZA SIXに準ずる)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.