軽井沢星野エリアの「ハルニレテラス」では、雨の日でも屋外で楽しめるイベント「アンブレラスカイ2017」を、6月1日~7月13日に開催します。15のショップが連なるハルニレテラスの街並みが、100本のカラフルな傘で彩られます。3年目となる今年は、雨でもくつろげる「傘のパティオ」や、雨に濡れると足元に模様が浮かび上がる「レイニーキャンバス」など、雨の日でも思わず出かけたくなる仕掛けが登場しますよ。

画像: 梅雨の季節も屋外で楽しめるイベント「アンブレラスカイ2017」

梅雨空を彩る「傘のアーケード」

アンブレラスカイは、ハルニレテラスの街並みがカラフルな100本の傘で彩られる、今年3年目のイベントです。赤や青、緑など色とりどりの傘が、暗くなりがちな梅雨空を彩り、ハルニレテラスが雨の日でも鮮やかな街並みになります。

画像: 梅雨空を彩る「傘のアーケード」

ハルニレテラスを雨の日こそ出かけたくなる場所に
梅雨時は、軽井沢の緑が美しい季節です。ハルニレテラスの名前の由来となった樹木「ハルニレ」の葉は、雨に濡れるといっそう美しく見えます。自然の緑とカラフルな傘 が調和するハルニレテラスで、晴れやかに過ごしていただきたいと願い、このイベントを企画しました。

雨でも外でくつろげる「傘のパティオ」
今年新たに登場する「傘のパティオ」は、大きな傘が設けられた大人2人が座ってもくつろげるスペース。大きな傘の下にはスツールがあり、コーヒーや本を片手に過ごしたり、傘に落ちる雨音に耳を傾けたり、雨の日ならではの過ごし方ができます。

幻想的な雰囲気が広がる「アンブレラライトアップ」

夕暮れ時には傘がライトアップされ、ハルニレテラスの通りが幻想的な空間になります。5店舗あるレストランのテラス席から、ディナーを楽しみながら眺められます。

画像: 幻想的な雰囲気が広がる「アンブレラライトアップ」

雨の日だけ模様が浮かび上がる「レイニーキャンバス」
雨が降るとハルニレテラスのデッキに、ハルニレの葉、しずく、音符などをかたどった、たくさんの模様が浮かび上がります。模様が広がった様子は、雨の日にしか見られない景色です。

概要
■日時:2017年6月1日~7月13日 9:00~21:00
*アンブレラライトアップは毎日 17:00~21:00
■料金:無料

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.