ミシュランにも掲載!“道が廊下、旅館はお部屋”という理念を掲げる黒川温泉の過去、震災後、これから【IRORIO熊本特集第3弾】

楽しい気分になるために温泉街に行ったのに、寂れた街を見て旅行先でなんとも言えない気分になったり、客引きの激しさに引いてしまったということないだろうか? インバウンドで盛り上がりを見せる観光地がある一方、過疎化などで勢いを失ってしまっている温泉街が全国に存在する。 熊本県南小国町の「黒川温泉」はレジャーブームが去った70年代に衰退が始まったが、85年頃から旅館組合が中心となり「道が廊下、旅館はお部屋」という共存共栄のコンセプトでを掲げ復活を遂げた温泉旅館街。 ミシュランからも評価を受けるなどして、順調に観光客を増やしていたが、去年の熊本地震で思わぬ風評被害を受けた。 私やったー麺は昨年6~7月にかけて地域型メディア・ジモコロが黒川温泉 [...]

irorio.jp
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.