「正式な息子になりたい…」10歳の少年が義理の父に宛てた手紙が胸を打つ

「ぼくの正式なお父さんになって」-Facebookに投稿された、ある一家の特別な瞬間が話題になっている。 誕生日パーティでの出来事 その日開かれた誕生日パーティの主役は、10歳になったばかりのカラニ・ワトソンくん。 彼はお母さんの旦那さんであり、カラニくんの義理の父親であるブランドン・ウィリアムソンさんにある“お願い”が書かれた手紙を用意していた。 ▼「今日は僕の日だってわかっているよ。でも僕たちの日にしたいんだ」から始まる手紙を読み始めたカラニくん 7年前に出会ってからやってくれたことや、連れて行ってくれた場所などの思い出話が語られた。 「質問があるんだ」 「質問があるんだ」というカラニくん。 最初の質問は「僕を愛している?」「マ [...]

irorio.jp
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.