【編集部Pick Up特集】インスタ女子必見!2017ハロウィン特集記事はこちら!





寺田倉庫が運営するクラウドストレージ「MINIKURA(ミニクラ)」は、新サービス 「クラウド部室」 を5月9日(火)より提供開始しました。
画像: ありそうでなかった!「部室」をクラウド化した新サービス「クラウド部室」

SNSといったコミュニケーションツールの発展に伴い 「仲間とのつながり」 を求める人々が増えていますよね。 「サークルや部活でともに汗を流した仲間とつながりたい」 という潜在的なマインド、さらに就職や結婚といったライフステージの変化により「部活で使用した用具」が収納を圧迫しているという点に着目したことから、このサービスが誕生しました。

「クラウド部室」は、グループ限定のコミュニケーション機能とストレージ機能を兼ね備えた「次世代コミュニティストレージ」サービス。「部活」をモチーフにした遊び心満載のユニークな機能でユーザーの興味を喚起し、仲間とのコミュニティの活性化につなげます。

【クラウド部室について】
学生時代に部活に打ち込んだ20〜30代社会人層をメインターゲットとして、minikuraのクラウドストレージ機能に、グループ限定のSNS機能やスケジュール共有などのコミュニケーション機能を付加した 「次世代コミュニティストレージ」 サービスです。minikuraは「個人」でモノを預けるクラウドストレージサービスですが、クラウド部室は「チーム」でモノを預ける、管理する、コミュニケーションをとることが可能です。さらに、「入部する」「部室でダベる」「ロッカーを使う」など、「部活」をモチーフにした遊び心あふれる機能でユーザーの興味を喚起し、コミュニティの活性化につなげます。また、倉庫内は温湿度管理がされているため、ご自宅よりも最適な環境での保管が可能となります。

画像: 【Mサイズ】ユニフォームやジャージ、スパイクやテニスボールなどコンパクトなもの

【Mサイズ】ユニフォームやジャージ、スパイクやテニスボールなどコンパクトなもの

画像: 【Lサイズ】バットやラケット、ボールなど大きなも

【Lサイズ】バットやラケット、ボールなど大きなも

・サービス名:クラウド部室
・キャッチコピー:#クラウド部室つくろうぜ
・サービス開始日:2017年5月9日(火)
・利用環境:WEB(PC、スマートフォン)
・利用料金:無料(ロッカー機能を使う場合は部費として月額500円〜)
●利用方法について
・「クラウド部室」にログインし、部室TOP画面から専用ボックス(ロッカー)を購入
・自宅で「クラウド部室」専用ボックスを受領
・預け入れしたい荷物を専用ボックスに詰め、付属の着払い伝票で送付
・MINIKURAが1点ずつ写真撮影を行います。Myロッカーページではクラウド部室のメンバーで閲覧が可能
●利用料金について
Mサイズ1箱(120サイズ)あたり500円/月(税込)、Lサイズ1箱(150サイズ)あたり960円/月(税込)
必要な時にアイテム単位で一時取り出しができ、使用後に再度預け入れが可能。1梱包1回1500円(税込

クラウド部室、6つの機能の特徴

1.入部
母校の部室や知り合いの部室を見つけたら「入部届け」を出す。部長に承認されれば晴れて入部完了!

画像1: クラウド部室、6つの機能の特徴

2.部室をつくる
部室をつくった人が部長に。知り合いを招待し、たくさん部員を勧誘して部室を盛り上げよう

画像2: クラウド部室、6つの機能の特徴

3.部室でダベる
クラウド部室に集合したら、SNS機能でメッセージのやりとりが可能。くだらない部室トークで盛り上がろう!

画像3: クラウド部室、6つの機能の特徴

4.ロッカーを使う
部費を払えば、ロッカーが使用可能に。保管しておきたい思い出のジャージやユニフォーム、かさばる用具を預けよう!

画像4: クラウド部室、6つの機能の特徴

5.部活管理
練習や試合、飲み会の予定を部室で一括管理。面倒なスケジュールの調整や集合場所の連絡もスムーズに

画像5: クラウド部室、6つの機能の特徴

6.かけもちOK
もちろん部室はかけもちOK!部活仲間の部室に、会社のチームの部室などいくつかけもちしてもOK

画像6: クラウド部室、6つの機能の特徴
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.