33年前の嵐で消え去ったビーチの砂が、わずか10日でもとに戻る怪奇現象が発生

33年前の嵐でビーチの砂が流され、岩場になっていた場所に、わずか10日で何千トンもの砂が戻り、300メートルのビーチが復元されてしまった。原因は春の大潮で海面水位が異常に上がったことらしい。 アイルランドのリゾート地で アイルランド・アキル島にあるリゾートタウン・ドーアには、かつてビーチだった300メートルの岩場がある。1984年に島を襲った嵐で砂がすべて洗い流されてしまい、それ以来33年間、海岸の景色は荒涼としていていた。 ところが、先月の10日間で、なくなった何千トンもの砂がすっかり戻り、美しいビーチが復元。町の住人たちは大喜びしている。 わずか10日のうちに アキル島観光協会のショーン・モロイ氏は、海外メディアにこう語っている [...]

irorio.jp
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.