Rolaがリアルなライフスタイルを語った『momo Life』ついに解禁!表紙のモデルは、PEACH JOHNではおなじみのRolaさん。

ピーチ・ジョンは、5月17日(水)にマガジン『momo Life』を創刊。「PEACH JOHN夏カタログ」の編集部が手掛ける『momo Life』は、女性の毎日をより豊かにするための情報が盛り沢山!ランジェリーの枠を超え、ファッション、ルームウエア、アクティブウエア、コスメ、雑貨などを展開するライフスタイル提案型ブランドだからこそできるコンテンツに期待大です。

通販カタログではありません! 総発行部数75.6万部・マガジン『momo Life』

『momo Life』は、「桃色の、人生を。」をコンセプトにコンテンツを展開。「通販カタログの要素ゼロ。現代の女性に向けた情報誌」を作りたいという、編集長・佐藤はるかのこだわりが詰まっています。

画像: 通販カタログではありません! 総発行部数75.6万部・マガジン『momo Life』

『momo Life』Vol.1の注目のコンテンツ"BEAUTIFUL LIFE IN ROLA"
ローラ/人生を桃色にする10のこと

いつもきらきら輝いて魅力を増し続けるRolaさん。彼女のハッピーオーラにつながるトピックスを10個の項目に分けてインタビューしました。誌面で掲載するひとつめのインタビューは、“LOVE”について。Rolaのリアルなライフスタイルを垣間見ることができるこのコンテンツは、彼女のファンはもちろんのこと女性の誰もが共感できる内容となっています。

画像: 『momo Life』Vol.1の注目のコンテンツ"BEAUTIFUL LIFE IN ROLA" ローラ/人生を桃色にする10のこと

ー すっごく恋愛をしたことがあるの、片想いだったんだけどね、それは。
それこそ10秒に1回は彼のこと考えちゃうような感じで、そんなふうになったのは人生で…2回目!ふふふ!だけど大人になっても誰かのことをこんなに好きになれるんだなーって思ったの。常ににこにこ笑顔でいられて、メールひとつでも笑っちゃう感じですごく幸せだった。その時にね、まわりから「大人っぽくなったね」とか「色っぽくなったね」とかすごく言われたの。雰囲気が変わった、って。だからね、その経験をしてほんとによかったな、って思ってる。またそういう経験をしたいなーって。女の子として成長できるな、って思たから。
ー 結婚はね、今はお仕事に集中しているからあんまりフォーカスはしていない。理想のカップル、みたいなのもまだちょっとわからないし。でもね、何年かしたらお互いに尊敬できるパートナーに出会って…っていうのはすごく楽しみにしていることなの。これからどんな出会いがあるか分からないしね。いつ誰と出会ってもいい自分でいたいし、素敵な出会いは逃さないようにしていたいなって思う。
 ー「いつかあるから今は別にいいや」って受け身なだけでいたら出会えない可能性だってたぶんあるでしょう。だから例えば、お友達の夜のお誘いにはとりあえず行ってみるとか、そういう人と人とのつながりを大切にしているの。大好きな人や素敵な人との先には、きっとまた何か新しい素敵な何とつながるはずって思うから。

(『momo Life』P.4~5 ローラ/人生を桃色にする10のこと 本文より)

他にも見どころ満載『momo Life』Vol.1 TOPICS

画像: 他にも見どころ満載『momo Life』Vol.1 TOPICS

◆momo Life PROLOGUE by 詩人/小説家・最果タヒ
◆BEAUTIFUL LIFE IN ROLA~ローラ/人生を桃色にする10のこと 1.ABOUT LOVE~
◆HELLO FROM MOMOIRO CITY~世界のファンタスティックスポットからItな情報をお届け~
◆WILD FLOWERS byフラワークリエイター 篠崎恵美
◆Lindsey Wixsonとめぐる Little Japan~世界的トップモデルのリンジー・ウィクソンをクローズアップ~
◆ももいろTRAVEL~こころを豊かにする旅~
◆パジャマごはん~パジャマのまま作って食べる簡単おうちデリ~by R-Deli 山方梨絵
◆シネマとランジェリーのおしゃれな関係 byコラムニスト/翻訳家・山崎まどか
◆ももいろMUSIC byモデル/DJ・水原佑果 & ももいろBOOK by映画監督・山戸結希
◆桃酔気分~PEACH JOHNのカタログ編集長のアルコールトーク~
◆4コマ漫画 ピーチちゃん byイラストレーター・今井杏

見どころ満載の『momo Life』vol.1は、全国のピーチ・ジョン・ザ・ストアで入手可能。また、同日発刊された、夏の最新カタログ「PEACH JOHN 2017 Summer Vol.101」のBOOK in BOOKになっていますよ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.