居酒屋、焼き鳥屋も「条件付きで喫煙OK」…厚労省の譲歩案が物議に

飲食店原則禁煙への譲歩案が出された。 条件付きで「居酒屋」喫煙OKに 受動喫煙対策を強化する「健康増進法改正案」に関して厚生労働省が17日、条件付きで「小規模な居酒屋」等での喫煙を認める譲歩案を示したという。 法律施行から数年間は、「店頭に『喫煙可能』や『分煙』と表示」すれば、「居酒屋」や「焼き鳥屋」など酒を提供する一定規模以下の飲食店での喫煙を認めるという内容。 また、「従業員と利用客が20歳以上」「雇用・求人の際に受動喫煙の恐れがあると明示」「健康被害が生じる恐れがあるという警告を表示」することなども条件だという。 当初案では「原則屋内禁煙」だったが 政府は2020年東京オリンピックに向けて、受動喫煙対策の強化を検討している。 [...]

irorio.jp
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.