東京から世界へ、日本が誇る伝統文化の新たな幕開け

日本が世界に誇る“花火”と最先端のテクノロジー、さらには国内最高峰のパフォーマンスが融合した世界初 の未来型花火エンターテインメント「STAR ISLAND」が、5月27日(土)に東京都のお台場海浜公園にて行なわれました。チケットは前売り、当日共に完売。会場には15,000人の観客が来場しました。

画像1: 東京から世界へ、日本が誇る伝統文化の新たな幕開け

今年初開催となるこの「STAR ISLAND」は、来たる2020年に行なわれる東京オリンピック・パラリンピックに向け、日本の伝統文化である花火を音楽や3Dサウンド、パフォーマンス、ライティングなど様々な分野における国内屈指のクリエイターとともに新たなエンターテインメントへと進化させた一夜限りの新感覚花火イベントです。今回の会場となったお台場海浜公園の砂浜には合計230台以上のスピーカーが並び、3Dサウンドデザインのパイオニアkatsuyuki setoがサウンドをプロデュースし、野外では世界初となる3Dサウンドとミュージック花火のコラボレーションが実現されました。

画像2: 東京から世界へ、日本が誇る伝統文化の新たな幕開け

さらには、国内外で広く活躍するパフォーマンスクリエイターの演出のもと100人を超える実力派パフォーマーが会場を盛り上げ、数々のビッグフェスティバルの照明を手掛けてきたライティングエンジニアのAIBAが光の演出でさらなる世界観を創出するなど、これまでの花火大会にはない革新的なものとなりました。もちろん、メインとなる花火も「隅田川花火大会」や「東京湾大華火祭」といった本邦の人気花火大会に軒並み参加している老舗花火屋「丸玉屋小勝煙火屋店」が担当。その技術力は海外でも高い評価を獲得し、約150年もの長い歴史の中で数多くの賞を受賞しています。そんな各分野のトップが集結した「STAR ISLAND」は、 その全てをハイブリッドさせることで新たなエンターテインメントの扉を開く過去に例のない試みです。

画像3: 東京から世界へ、日本が誇る伝統文化の新たな幕開け
画像4: 東京から世界へ、日本が誇る伝統文化の新たな幕開け

ゲートオープン前から長蛇の列
当日は前日の悪天候から一転し、晴天の照りつける陽光に お台場の海も光り輝くなか、会場には16時のオープン前から長蛇の列が。花火自体は19時以降のスタートながら続々とお客さんが詰めかけ、早々にベストなポジションを確保し花火を心待ちにする人がいれば、会場内の至るところに現れるまるで異世界の住人のような衣装に身を包んだパフォーマーと戯れたり、写真を撮ったりする光景も。さらに、これ以上ないくらいの美しいサンセットをバックにLIMITED AREAでは、Elli-Roseこと ELLI ARAKAWAやMONDO GROSSOのSHINICHI OSAWAが、 STAR AREAではRHYMEとNAOKI SERIZAWAがDJプレイで心 地よい空間を演出し、お客さんの気持ちを盛り上げました。

画像5: 東京から世界へ、日本が誇る伝統文化の新たな幕開け

2年ぶりに帰ってきたお台場の夜を彩る10,000発の花火
そして、いよいよあたりも暗くなり、まわりにそびえる高層ビルや東京タワー、そしてレインボーブリッジに明かりがともり始めると、会場内に流れていた音楽もいつしか波の音に。サラウンドで届けられるその音はとにかくリアルで、それだけでも会場にはざわめきが起こっていましたが、 夜空に一発の大輪が舞うと世界は一変。いよいよ未来型花 火エンターテインメントがスタート致しました。

花火文化の進化、STAR ISLAND創り出す圧巻の世界
合計230台以上のスピーカーが生み出す全方位型の3Dサウンドはまるで空気のようにお客さんの体を包み込み、かつそのリズムやビートが花火と見事にシンクロ!すると、 当初は一発一発の花火に歓声をあげ、拍手をしていたお客さんもいつしかそれを忘れて夜空に釘付けに…。花火をバックにファイヤーパフォーマー、ウォーターパ フォーマー、スターパフォーマー、エアパフォーマーなど 今までに無い新しい花火との融合に客席は歓喜し、幻想的なライティングが加わり、まるで映画のような世界観が創りだされていました。

画像6: 東京から世界へ、日本が誇る伝統文化の新たな幕開け

音楽もジャズやアーバン、ダンス ミュージックからクラシックまで様々なジャンルに移り変わっていくと同時に、花火も大小、色とりどり絶えず変化し観客を魅了。また、今回は花火の楽しみ方もバージョンアップ。発売後に即完となった、横になって花火が観られるベッドエリアや一流シェフの料理を味わいながら鑑賞できるディナーエリアなども用意され、様々な楽しみ方ができるのも「STAR ISLAND」の新しさ。最後の最後まで緻密に練られた構成で大観衆を魅了。そして、何より日本伝統の花火を最先端のテクノロジーとコンテンツ力で刷新し、これまでにない魅力を見事に生み出した「STAR ISLAND」。集まった15,000人の胸に、東京から世界へと放たれた花火の歴史の新たな1ページが深く刻まれました。

画像7: 東京から世界へ、日本が誇る伝統文化の新たな幕開け
画像8: 東京から世界へ、日本が誇る伝統文化の新たな幕開け

【タイトル】未来型花火エンターテイメント「STAR ISLAND」
【開催場所】TOKYO ODAIBA STAR ISLAND(お台場海浜公園:東京都港区台場1丁目) 【総合プロデュース】小橋 賢児
【花火演出】株式会社丸玉屋小勝煙火店 【音楽監督/3Dサウンドデザイナー】Katsuyuki Seto
【LIGHTING/LIGHTING ENGINEER】AIBA
【舞台演出/進行】潤間 大仁
【音楽制作 / 選曲ディレクション】cargo(GOKU)
【音楽制作/楽曲アレンジ】間 力(RICKY)
【テクニカル・ディレクション】吉田 拓巳
【パフォーマー演出】小林 玄(GEN) 【制作統括】エイベックス・エンタテインメント株式会社
【制作】LeaR株式会社
【後援】東京都、港区、東京観光財団

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.