「わたし捨てられたのかな…」シェルターに連れられたワンコの悲しげな表情が胸を打つ

米カリフォルニア州ポモナにあるシェルターで保護された1匹のピットブルが人々の心を揺さぶった。 それが彼女だ。 新しい飼い主が見つからなければ殺処分されてしまうシェルターで保護されていた、4歳のピットブルテリアミックスの“エレクトラ”。足の爪は長く伸びており、長期間世話をされていなかったのではないかと思われる。 なによりも悲しそうな表情が目を引くワンコだ。 シェルターに連れてこられたことに動揺していることは、ビデオを見るとよくわかる。 撮影者に向かって控えめにしっぽを振り、立ち上がってはみたものの、足を一歩踏み出すのにも躊躇している。 まるで自分が捨てられたことを自覚して悲しんでいるようにも、これからどんな運命が待っているのかを恐れて [...]

irorio.jp
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.