「待機児童ゼロ」が先送りされることが分かり、物議を醸している。 「待機児童ゼロ」達成目標を3年先送り 政府が、認可保育園等に入れない「待機児童」ゼロを達成する目標の期日を、2017年度末から「2020年度末」に先送りする方針を固めたという。 2018年度~2020年度からの3年間で新たに22万人分の受け皿を整備し、待機児童をゼロにするという目標を設定。 さらに、2022年度までに10万人分の受け皿を追加することを目指すという。 供給が需要に追い付かず 政府は2013年4月に「待機児童解消加速化プラン」を策定し、保育ニーズのピークを迎える「2017年度末」までの待機児童解消を目指していた。 受け皿の整備などを進め、2016年4月1日時 [...]

irorio.jp
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.