地域の住民のサプライズが、がんと闘う息子を支える一家を励ましたようだ。 脳腫瘍と診断された6歳の男の子 米アリゾナ州に住む、平凡だけれども幸せなRaskey一家。彼らに不幸なニュースが舞い込んだのは、今年の3月14日の事だった。次男のコリン君(6歳)に女性のこぶしほどの大きさの脳腫瘍が見つかったのだ。 3月16日にはPhoenix Children’s Hospitalにて、半日を超える手術を受けたコリン君。しかし、全ての腫瘍を取り除くことができずに、手術は翌日にも行われることとなった。 手術の後に行われた数週間の放射線治療中、両親であるブレットさんとアリシアさんは、病院に泊まり込んでコリン君を支えていたそうだ。 自宅で待っていたサ [...]

irorio.jp
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.