アポロは米ワシントン州内で捨てられていたピットブル犬だ。“凶暴”というイメージから、個体の本質を見ることなく敬遠されがちな犬種であり、アポロも保護されたシェルターで新しい家族が見つけられないまま、6ヵ月もの月日を過ごした。 安楽死寸前だった 元気いっぱいのアポロに命の期限が迫ったころ、シェルターのスタッフが連絡をしたのは、ワシントン州内で麻薬探知犬の訓練をしているトレーナーだった。 「アポロに麻薬探知犬の素質があるかを見て欲しい」 そう言われたトレーナーは、アポロにいくつかの訓練を実施。その結果、「立派な麻薬探知犬になれるかもしれない」と判断して、アポロを引き取ったのだ。 DOC(矯正局)内にある犬舎にて、アポロは彼を相棒に選んでく [...]

irorio.jp
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.