「河川の水で作ったアイス」水質汚染を訴えるプロジェクトが注目を集める

一見「美味しそう」に見えなくもないアイスキャンディーですが、すべて汚染された水から作られたものなんです。 「100%純汚水製氷所」と名付けられたプロジェクトは、国立台湾芸術大学・芸術学部の学生、洪亦辰さん、郭怡慧さん、鄭毓迪さんの3人が行いました。 台湾の水を100ヶ所から採水 3人は台湾の河川や漁港など100ヶ所から水を収集し、凍らせたあとにポリエステル樹脂で固めて保存し、アイスキャンディーの形にしました。 それぞれの“アイスキャンディー”を近くでよく見ると、ゴミが混ざっているもの、水の色が真っ青なものや黄色いものなど、色や中身はさまざまで、どれも水だとは思えません。 100種の「アイス」から河川の汚染状況がわかる 例えば、高雄市 [...]

irorio.jp
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.