結婚15年目にして再び結婚式を挙げ、妻と子どもたちの姿を鮮明に記憶に焼き付けた一人の男性がいる。 それが彼、Andrew Aireyさんだ。 徐々に視力を失う病気 シュタルガルト病(スターガルト病)という、徐々に視力を失う疾患を持つAndrewさん。彼の視力は20代前半からゆっくりと失われ、現在彼は“視覚障がい者”として認定されている。 15年前に結婚したときにも、ウエディングドレスに身を包んだ妻の姿を、その表情をはっきりと見ることはできなかった。 視力を取り戻す最新機器 eSight 3 smart glassesは、そんなAndrewさんの視力を取り戻せる最新機器だ。 昨年の11月、この機器と出会ったAndrewさん。「新しい期 [...]

irorio.jp
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.