世界最古のキノコの化石が発見され、その詳細が学術雑誌「PLOS ONE」(電子版)に6月7日付で発表された。 恐竜やマンモス象の化石などと比べて、キノコの化石が発見されるのは非常に稀だ。 1億1,500万年前のもの ブラジルで発掘されたその化石は、今から1億1,500万年前のもの。現在の5大陸がまだ1カ所に固まってパンゲア大陸を形成していた時期のものだ。 このパンゲア大陸に生えていた1つのキノコが風雨のせいで地面から離れ、川に流されて、非常に塩分の濃い海の浅瀬に運ばれた——発掘した研究者グループはこんなふうに考えている。普通ならキノコは腐って跡形もなくなってしまうが、濃い塩分のせいでこのキノコは腐らず、そのまま化石になった、と。 驚 [...]

irorio.jp
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.