若者のカフェイン乱用は「長時間労働」のせい?ネット上で「使わざるを得ない」の声

カフェインの過剰摂取に専門家が警鐘を鳴らしている。 カフェイン中毒で5年間で3人死亡 朝日新聞は6月12日、カフェイン中毒で2011年からの5年間で少なくとも101人が病院に運ばれ、3人が死亡したことが分かったと報じた。 日本中毒学会の実態調査で明らかになったもので、病院に搬送された人のうち、97人は「眠気防止薬」によるもので、7人が心肺停止、うち3人が死亡。 心肺停止の7人はいずれも、短時間にカフェインを6グラム以上摂取。 患者の年齢の中央値は25歳で、若者を中心に「カフェイン」を乱用している恐れがあるという。 過剰摂取で中毒症状 農林水産省によると、コーヒーのカフェイン量は100ミリリットルあたり0.06グラム、エナジードリンク [...]

irorio.jp
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.