「宅配ボックス」設置で再配達が49%→8%に!パナソニックの実証実験でみえた効果と課題

パナソニックの実証実験で、「宅配ボックス」の効果と課題が明らかになった。 再配達率が49%→平均8%に パナソニックは今月、福井県あわら市で4ヶ月にわたって実施した「宅配ボックス実証実験」の最終結果報告を公表した。 それによると、宅配ボックス設置により再配達率が49%→平均8%に減少し、1013回の再配達を削減。 宅配業者の労働時間を222.9時間、CO2削減量を約465.9キログラム(杉の木約33.3本分)削減できた想定だ。 住民のストレスが改善 宅配ボックスを設置した世帯の住民に「荷物受け取りに関するストレスの変化」を聞いたところ、94%が「改善された」と回答。 住民から「核家族にはたいへん助かった」「お風呂に入っている間に来て [...]

irorio.jp
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.