『美術手帖』7月号はアートフェスティバル特集!国内外の芸術祭を一挙紹介。この夏秋に行きたいアートスポットを探すためのベストな1冊です
画像1: 満島ひかりとアートの旅!

旅をしながら、自然やまちなかに広がる作品が楽しめる芸術祭や国際展。年々開催数も、訪れる人も増えつつあ利ます。今年も、第1回となる北アルプス国際芸術祭(長野県大町市)、奥能登国際芸術祭(石川県珠洲市)、Reborn-Art Festival(宮城県仙台市)をはじめ、2回目を迎えた札幌国際芸術祭、6回目のヨコハマトリエンナーレと、新旧の芸術祭が目白押しです!

画像2: 満島ひかりとアートの旅!

特集ではこうした各芸術祭の見どころを、開催地の魅力とともに一挙に紹介。各会場で多くの作品を見て回るよりも、その場でしか味わえないような唯一無二の体験が求められるなか、参加アーティストの紹介だけでなく、彼らがオススメする絶景やグルメなど、厳選された各地の旅のスポット情報も充実しています。

画像3: 満島ひかりとアートの旅!

現在、ヨーロッパで同時開催されている3大国際展、ヴェネチア・ビエンナーレ、ドクメンタ14(アテネ・カッセル)、ミュンスター彫刻プロジェクトのハイライトや傾向もレポート。さらに、特別付録として各芸術祭の詳しい情報や、おすすめ作家、会場マップを載せたガイドブック付き。

この1冊で今年の芸術祭の内容はほぼ網羅することができます。これから行きたい芸術祭と自分なりの楽しみ方を見つけるには必見の特集ですよ!

画像4: 満島ひかりとアートの旅!

【特集内容】
アートフェスティバルを楽しもう!
PHOTO SESSION
満島ひかりさんが体感! 北アルプス国際芸術祭 in 信濃大町
PART1 今年開催! 日本のアートの祭典
北アルプス国際芸術祭
奥能登国際芸術祭
Reborn-Art Festival
札幌国際芸術祭
ヨコハマトリエンナーレ2017
世界を飛び回る達人に金言を聞く アートな旅の楽しみ方
PART2 世界の国際美術展
第57回ヴェネチア・ビエンナーレ
デミアン・ハースト最新個展
ドクメンタ14
ミュンスター彫刻プロジェクト
PART3
アートフェスティバル、どう評価する? 日本の芸術祭の課題と未来
川俣正/北川フラム/山出淳也/港千尋/飯田志保子/
小澤慶介/服部浩之/林暁甫/藤田直哉/黒瀬陽平
【特別付録】
Art Festival Guide 2017
国内で開催される芸術祭ガイド/海外アートフェスティバル/
アートフェスティバルカレンダー

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.