190万回再生の「魔女の宅急便」アニメCMの狙いを日清食品に聞く

6月19日から全国で放映中のカップヌードルのアニメCM「HUNGRY DAYS 魔女の宅急便篇」が話題です。 制作した日清食品(東京都新宿区)に、狙いを聞きました。 キキが17歳の高校生だったら? CMは、児童文学「魔女の宅急便」(角野栄子作、福音館書店刊)が原作。 有名なアニメ映画版をはじめ、舞台版や実写版など様々な作品の基になりました。 今回は主人公である魔法使いの少女・キキが、「17歳の高校生だったら?」というパラレルワールドの設定で、現代の横浜で高校生活を送る姿を描きます。 ▼HUNGRY DAYS 魔女の宅急便篇 幼馴染として、とんぼがドローン部の部長になり登場。 動画サイトの公式映像は、公開から5日間ほどで約190万回再 [...]

irorio.jp
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.