目の見えないシニア猫、3ヵ月ぶりに飼い主と再会を果たす

今年の2月、米フロリダ州のフォートローダーデールにて、飼い主とはぐれてしまったニャンコがいる。 それがリリー。目も見えず、耳も聞こえない20歳のシニア猫だ。 ちょっとした油断ではぐれてしまった 母親に会うためにフォートローダーデールを訪れていた、Raymond McNamaraさん(50)。いつものように旅仲間のリリーを連れて歩いていた。 目も見えず、耳も聞こえないリリーは、いつも飼い主のそばから離れようとしなかったという。もしかしたらそれが油断につながったのかもしれない。 建築現場の近くで、ほんの一瞬目を離した隙にリリーの姿は見えなくなっていた。 3週間探し続けた いなくなってしまったリリーを心配し、そのままフォートローダーデール [...]

irorio.jp
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.