醤油×濃厚ミルクによる、塩キャラメルのようなアイスクリーム「醤油アイス」が6月30日(金)より通年発売開始決定!

北海道産の牛乳と卵、国産丸大豆100%の本醸造特級醤油を使用、塩キャラメルのような味わいをお楽しみ頂ける「醤油アイス」が6月30日(金)より、特設サイトで通年販売されています。

画像: 創業寛政元年、だし醤油のパイオニア「鎌田醤油」の新定番スイーツ

鎌田醤油株式会社(以下、鎌田醤油)は、1789年(寛政元年)創業以来の家訓「最優等の醤油を作り、社会のお役に立って信用を得る」の心を守って伝統の醤油作りに励んで参りました。1965年に主力商品として、“だし醤油”の販売を開始。累計販売本数約4億(3億9,641万)個を記録、販売開始から50年の歴史のあるロングセラー商品となっています。多くの世代に醤油を身近に感じてもらいたいという目的のもと、220年以上続く醤油造りのノウハウを活かし、2016年に「醤油アイス」を商品開発。同年5月に坂出蔵元売店、北海道支店において開催したお客様感謝イベントにて、「醤油アイス」を販売したところ、2か所合計で約1,400個が完売。2017年1月には期間限定で全国通信販売を実施。想定の約300%の売上を記録し、大きな反響を得たことから、今回通年での販売が決定しました。

「醤油アイス」とは?

画像1: 「醤油アイス」とは?

「醤油アイス」は、北海道十勝の大自然で育った乳牛から搾った牛乳、北海道産のこだわりの卵、鎌田醤油自慢の国産丸大豆100%の本醸造特級醤油が原材料のベースとなっています。また、醤油とアイスクリームを絶妙なバランスで調えた美味しさ、はちみつを隠し味に採用することで上品な味わいをお楽しみ頂けます。醤油とアイスクリームのコラボレーションによる美味しさの理由は、メイラード反応にあります。これは、醤油の色素を形成している、還元糖とアミノ酸・たんぱく質の間で起こる成分間反応を指します。香気を強くし、食べ物を美味しくする反応であり、砂糖を煮詰めてできるカラメル化に似ています。醤油の香ばしい香りと深いコクとミルクアイスの甘みや旨味により、塩キャラメルのような味わいを実現しました。

画像2: 「醤油アイス」とは?

余計なものは加えず、素材全てを厳選し、納得できるまで試作を重ねたこだわりのカマダの「醤油アイス」を是非お試しください!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.