【編集部Pick Up特集】インスタ女子必見!2017ハロウィン特集記事はこちら!





目が開かないほど重い皮膚病だった子ブタが笑顔を取り戻すまで

カリフォルニア州テメキュラにある動物保護施設「セール・ロンチ・サンクチュアリ」に1匹の子豚がやってきました。 「チェリーブロッサム」と名付けられていたメスの子豚は、重度の疥癬(かいせん)という皮膚病にかかっていました。 施設長のジェン・セールさんによると、この子豚を連れてきた人は「迷子の子豚だった」と言っていましたが、迷子ではなく「(手に負えなくて)連れてきたのでは」と考えていたそうです。 寄付を募り、治療を開始 疥癬はダニが原因で起こり、激しいかゆみに襲われる病気です。免疫力が低いとさらにダニが増殖して、皮膚が固まってしまいます。 チェリーのようにまだ免疫力の低い子豚はあっという間に重症化してしまったのでしょう。 皮膚は、目をほと [...]

irorio.jp
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.