SNSで人気の升入り“宇治抹茶ティラミス”など 写真映えするメニューも!
画像1: 鎌倉・御成通りに“もみじ茶屋”2店舗目がオープン

鎌倉2店舗目になる和カフェ「もみじ茶屋 鎌倉御成通り」が7月10日(月)にオープンします。
鎌倉小町通り、鶴岡八幡宮の近くに“ほっと一息”ついていただける和カフェとして2016年12月にオープン。SNS上で人気が広まった<宇治抹茶ティラミス>をはじめ、丁寧に作りあげた甘味と地元食材を使用したお食事メニューを提供し、連日行列の出来る店と話題に。また、こだわりのオリジナル抹茶ドリンクとスイーツは、京都の老舗『森半』の抹茶を使用しております。

『森半』とは
天保7年(1836年)に京都宇治・小倉にて創業された老舗の茶商です。長い歴史の中で培われてきた、品質へのこだわりと茶文化の継承を大切にし、創業以来、日本のよき伝統を守り続けております。茶師により厳選された良質の茶葉、積極的な新技術の導入など、常に高い品質の日本茶づくりに専念しております。

「宇治抹茶ティラミス」について
これまで複数のメディアで取り上げられている<宇治抹茶ティラミス>は、厳選された抹茶とマスカルポーネチーズをたっぷり使用した、すっきりとした味わいに仕上げております。日本の伝統である“升”を器に使用し、ヒノキのさわやかな香りが抹茶の味や香りを引き立ててくれます。

画像2: 鎌倉・御成通りに“もみじ茶屋”2店舗目がオープン

和カフェの定番メニューとなる『白玉ぜんざい』は、甘さや食感の異なったあんこを2種類使用しており、食べ進むにつれ味わいの変化をご堪能いただけます。店内でひとつひとつ手作りする白玉は思わず写真に収めたくなる大きさで、トロトロの舌触りとモチモチ食感が特徴的です。また夏季限定の「抹茶のかき氷」は、氷と抹茶シロップを何段にも重ね、最後に抹茶エスプーマをかけた、見た目にも特徴のあるかき氷になっています。ふわふわ食感と、濃厚な抹茶を感じられ、さらに添えてある黒蜜をかけていただく事で、違った味を楽しむ事が出来るのも特徴です。

画像: 白玉ぜんざい

白玉ぜんざい

画像: 白玉あんみつ

白玉あんみつ

画像: 宇治抹茶パフェ

宇治抹茶パフェ

画像3: 鎌倉・御成通りに“もみじ茶屋”2店舗目がオープン

お食事メニューの湘南しらすや三崎マグロを使用した『おひつごはん』は、まずは特製のだし醤油をかけ「丼」として召し上っていただき、次に抹茶入り玄米茶の香り豊かな熱々のお出汁をかけ、「お茶漬け」として2度お楽しみいただけます。

画像: 釜揚げ湘南しらすのおひつごはん

釜揚げ湘南しらすのおひつごはん

画像: 三崎マグロと湘南生しらすのおひつごはん

三崎マグロと湘南生しらすのおひつごはん

<甘味メニュー>
・白玉ぜんざい(温・冷) 各¥790
・白玉あんみつ      ¥940
・宇治抹茶パフェ     ¥990
・宇治抹茶ティラミス   ¥600
・抹茶のかき氷(夏季限定) ¥1,100
※京都の老舗『森半』の抹茶を使用
<ドリンクメニュー>
・抹茶ラテ(温・冷)       各¥550
・抹茶ショコララテ(温・冷)   各¥650
・抹茶あずき白玉ラテ(温・冷)  各¥700
※京都の老舗『森半』の抹茶を使用
<お食事メニュー>
・釜揚げ湘南しらすのおひつごはん             ¥1,390
・湘南生しらすと釜揚げしらすのおひつごはん(4月~12月限定) ¥1,590
・三崎マグロのおひつごはん                ¥1,390
・三崎マグロと湘南生しらすのおひつごはん(4月~12月限定)  ¥1,590
※上記価格はすべて税抜価格です。

画像: 抹茶のかき氷(夏季限定)

抹茶のかき氷(夏季限定)

店名   :もみじ茶屋 御成通り店
所在地  :神奈川県鎌倉市御成町10−2 メゾン鎌倉1階
TEL    :0467-60-4316
営業時間 :10:00~20:00(ラストオーダー19:00)
席数   :56席
定休日  :無し

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.