かつて自分が助けた動物が、その後元気に暮らしている姿を見かけると、「獣医になってよかったー!」と思えるそうだ。 そう語るのは、米オハイオ州にある「Hocking Hills Animal Clinic」の獣医師である。 同医師が再会したのは、数年前車と衝突し、クリニックに運び込まれた1匹のカメ。 甲羅を負傷していたので、グラスファイバーのテープで補修し、自宅近くの森に放したそうだ。 そして最近、同医師が近所の山を散歩していた時のこと、葉っぱの陰に奇妙な物体を発見した。 それがこちら。 よ~く見るとカメのようだが、甲羅に違和感が...。 しかし、それにはどこか見覚えがあった。 甲羅の上に貼られているのは補修テープ。数年前に同医師が治療の際 [...]

irorio.jp
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.