京都市街地の真ん中に位置する木屋町エリアにノスタルジックでモダンな大衆酒場「酒場エビス」がオープンしました。有名料亭「船場吉兆」をはじめ、各有名料理店で修業を積んできた若手料理人が割烹料理をイメージし、食材と調理方法だけでなく、器にこだわりつつも、酒場の看板として価格を抑え、またおひとりのお客様にも気軽に利用できるよう小ポーションで提供する大衆酒場です。

■こだわりの食材にひと手間加えた愛情のこもったメニュー
看板料理は今や希少となった近江牛のタンを生で提供する「近江牛タン刺し」(580円)をはじめとする鮮度の高い近江牛の希少部位を使った肉刺し料理と、大衆酒場の代表的メニューをより進化させた「名物肉豆富」(480円)や「煮たまごのポテサラ」(480円)です。ほかにも農家や生産者と直接取引をし、有機無農薬にこだわり、毎日安心して食べられる体にも優しい料理を数多く取り揃えております。

画像: 京都イチのレモンサワーが名物の大衆酒場「酒場エビス」が木屋町に誕生!

■京都イチのレモンサワーがレモンサワーブームを京都に巻き起こす
現在、全国的に広がってきているレモンサワーブームを京都にも巻き起こす起爆剤となる「名物レモンサワー」(580円)は、大手酒類メーカーや日本酒専門家、部類の食通や呑兵衛、酒場女子など飲食業界をけん引する各方面のエキスパートたちと研究を重ねた結果、レモンの持つ独特の酸味と甘み、爽やかさと香りがベストマッチした自信の一杯に仕上げました。京都では珍しい「サワー『ナカ』のおかわり」(280円)でガブガブ飲みたい飲兵衛にもリーズナブルに楽しんでいただけるシステムにしました。また、レモンの産地にも直接訪問し、産地や生産工程もこだわった至極の一杯は往年のサワー好きにもサワーを知らない世代にも訴求、レモンサワーブームをさらに拡大させることでしょう。

■料理や好みに合わせた希少な日本酒を厳選
「酒場エビス」の日本酒メニューには京都有数の日本酒販売店の協力を得て、人気のある銘柄から希少な銘柄まで数多く存在する日本酒の中から、料理に合わせ厳選してリーズナブルな価格でラインナップ。大衆酒場として日本酒のこだわりも老若男女問わずお楽しみいただけます。

■店舗概要
店名:酒場エビス
営業時間:17:00~23:00(L.O.22:30)
所在地:京都市中京区米屋町378-1 1F
TEL:075-708-8262(予約不可)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.