満点の星空と光り輝く魚たちが共演する

新江ノ島水族館の「ナイトワンダーアクアリウム2017」の内覧会へ行ってきました。

FullSizeRender.jpg

2014年より毎年開催しているスペシャルイベント「ナイトワンダーアクアリウム」は、

今年は7月15日(土)から12月25日(月)までの期間開催されます。

夜の水族館の新しい楽しみ方として提案してきた“魚たちとデジタルテクノロジーの融合”が

生み出す時空間は、昨年も40万人を超えるお客さまが来場し

大人気なプログラムイベントです。

enosui03

4年目となる今年は、「満天の星降る水族館」をテーマに

より華やかに、よりドラマティックに、神秘的な夜の海を描き出し

海に降りそそぐ満天の星空と、そこできらめく魚たちが織りなす、不思議な星夜の物語を

表現されているそうです。

プレス内覧会では

新江ノ島水族館 代表取締役社長 堀一久氏より

オープニングセレモニー_新江ノ島水族館_代表取締役社長_堀一久挨拶(新江ノ島水族館)

「2014年より開催してまいりました、17時からのスペシャルイベント「ナイトワンダーアクアリウム」おかげさまで今年も7月15日より開催いたします。
リアルな魚たちとデジタルテクノロジーの融合による、夜の水族館の新しい楽しみ方をご提案してまいりましたが、これまで毎年多くのお客さまに楽しんでいただきました。
第4回目の今年は「満天の星降る水族館」がテーマです。より華やかで、よりドラマティックな、神秘的な夜の海をお楽しみいただければと思います。
館内各所に、映像と光と音楽の組み合わせによるコンテンツや美しい空間をご用意いたしました。空間としてお楽しみいただける場所から、触れると変化をするインタラクティブなものまで、さまざまなコンテンツがございます。ぜひ、今までにない、楽しい“えのすい”をご満喫ください。」と発表がありました。

開催中は

7月15日(土)から9月30日(土)までのパート1

10月1日(日)から11月23日(祝・木)までのパート2

11月24日(金)から12月25日(月)までのパート3と、3つの期間で構成。

季節に合わせてコンテンツも変化していくそうです。

enosui09

パート1の見どころでは

enosui02

「相模湾ゾーン」にて来場者を映像コンテンツ「一番星が連れてきた夜」で迎え、

「沿岸水槽」では音のモチーフとセンシング技術を駆使したインタラクション

「弾けて音を奏でる星たち」の演出などで「満天の星降る水族館」の

ファンタジックな世界を創り出していらっしゃっています。

その他にも

enosui04

クラゲファンタジーホールは、海を飛び出し宇宙へと移動。

宇宙の中から、クラゲの形をした天体を選び出し投影し

小さな星々と浮遊するように泳ぐクラゲたちの融合は、

ドラマティックでおとぎ話のように美しい空間を作り上げた展示になっています。

enosui08

さらに館内、オーシャンカフェでは、

星のように光る限定カクテル「光るカクテル」を提供し

アルコール入り4種、ノンアルコール3種の7つのバリエーションで揃うので、

大人から子どもまで楽しめるようになっています。

enosui11

またイルカミニパフォーマンスも開催。

enosui10

「太平洋」「深海II~しんかい2000~」「なぎさの体験学習館」「イルカショースタジアム」などの

展示コーナーが用意されている。同展示は一般入場料のみで閲覧可能になっています。

ナイトワンダーアクアリウム2017 ~満天の星降る水族館~

期間限定のプログラムロマンティックな夜の水族館はデートもおすすめですね。

【イベント詳細】

ナイトワンダーアクアリウム 2017 ~満天の星降る水族館~
開催期間:2017年7月15日(土)~12月25日(月)
休催日:10月21日(土)
■パート 1 7月15日(土)~9月30日(土) 17:00~20:00
■パート 2 10月1日(日)~11月23日(祝・木) 17:00~19:00
■パート 3 11月24日(金)~12月25日(月)
※11月24日(金)~12月22日(金) 17:00~19:00
※12月23日(祝・土)~12月25日(月) 17:00~20:00
入場料:大人 2,100円、高校生 1,500円、小・中学生 1,000円、幼児(3歳以上) 600円
会場:新江ノ島水族館
住所:神奈川県藤沢市片瀬海岸2-19-1

【問い合わせ先】
新江ノ島水族館
TEL:0466-29-9960

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.