【編集部Pick Up特集】インスタ女子必見!2017ハロウィン特集記事はこちら!





万能調味料「ハリッサ」を使った”日本初”のレシピ本登場!

8月2日(水)に、『辛くておいしい調味料 ハリッサレシピ』を刊行されました。

画像1: SNSでも大注目!辛くておいしい「ハリッサ」とは!?

北アフリカ発の辛くてスパイシーな万能調味料「ハリッサ」をご存知ですか?
昨年末からテレビ等で話題の調味料として数多く紹介され、インスタグラムなどのSNSでもハリッサの投稿数がどんどん増えていて、人気急上昇中の調味料なんです!
ハリッサは、オリーブオイルや唐辛子、クミンなどの色々なスパイスが調合されている調味料で、エスニックはもちろん、和風・洋風・中華どんな料理も引き立て、クセになるおいしさ。
食欲増進、抗菌、整腸作用、減塩や代謝を上げる効果も期待でき、複雑な風味やうまみがある優れものです!本書は、市販のハリッサのほか、料理家オリジナルのハリッサの作り方も紹介し、さまざまな楽しみ方を紹介する1冊です。

画像2: SNSでも大注目!辛くておいしい「ハリッサ」とは!?
画像3: SNSでも大注目!辛くておいしい「ハリッサ」とは!?

マヨネーズやしょうゆ、ケチャップなどおなじみの調味料にちょい足しする簡単アイデアから、毎日のおかずやおつまみに使える簡単レシピ、ハリッサといえば欠かせないクスクスのバリエーション、ホームパーティーなどに使えて見栄えする本格料理など、辛いもの好きにはたまらないレシピを多数紹介しています。

画像4: SNSでも大注目!辛くておいしい「ハリッサ」とは!?

辛いものがやけに食べたくなる夏はもちろん、四季を通して、ハリッサが食卓に欠かせない調味料になること請け合いです。是非、ハリッサを使ったレシピに挑戦してみてください!

画像5: SNSでも大注目!辛くておいしい「ハリッサ」とは!?

【参加料理家紹介】
・ジェリビ・モンデール:チュニジア料理店 ハンニバル店主。フランス料理店を学んだ後、日本へ。故郷チュニジアの食の豊かさを伝えるべく独立してオープン。確かな腕とセンスで多くのファンをつかんでいる。
・ヤミー:料理研究家。ブログやテレビでいちはやくハリッサの魅力を紹介してきた。著書に『ヤミーのがんばらない毎日ごはん』(宝島社)など多数。
・重信初江:料理研究家。おいしくて簡単、毎日の食卓を楽しくするレシピが好評で雑誌、テレビなどで活躍している。著書に『昔ながらのおかず』(主婦と生活社)など多数。
・口尾麻美:料理研究家、フォトエッセイスト。フランス、モロッコ、トルコ、バルト三国など、旅先で出会った料理をヒントに、家庭でも再現できるレシピを提案。著書に『トルコのパンと粉ものとスープ』(小社刊)など多数。
・サラーム海上:音楽評論家、中東料理研究家。ラジオやクラブのDJ、オープンカレッジでの講義、料理ワークショップなど、多岐に活躍中。著書に『MEYHANE TABLE 家メイハネで中東料理パーティ』(LD&K BOOKS)など多数。
・上川大助・真弓:おしゃれなエリアとして注目されている“奥渋谷”にあるアフリカ料理と音楽を楽しめる店「ロス・バルバドス」店主。お店ではアフリカ料理を中心にヴィ―ガン対応のメニューもあるので外国人客も多い。
【書籍概要】
書 名:『辛くておいしい調味料 ハリッサレシピ』
編 者:誠文堂新光社
仕 様:B5変判、96ページ
定 価:1300円+税

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.