【編集部Pick Up特集】インスタ女子必見!2017ハロウィン特集記事はこちら!





近畿大学附属農場湯浅農場は、8月10日(木)より「近大マンゴー」を阪神百貨店 阪神梅田本店にて発売しています。

近大マンゴーとは?
近畿大学附属農場湯浅農場では、本学農学部の学生(約100人)と技術員が丹精込めて「近大マンゴー」を栽培。市場に国内産マンゴー(アーウィン)が出回る時期より少し遅く収穫できるよう、加温する時期と温度を工夫しており、今年もなめらかな口当たりでかつ濃厚な甘みをあわせ持ったマンゴーに仕上がっています。「近大マンゴー」は、平成4年(1992年)から関西の百貨店を中心に販売しており、今年で26年目。長年にわたるマンゴーの研究成果を、百貨店での「近大マンゴー」果実の販売を通して世の中に発信しています。

画像: 夏季限定!近大マンゴー販売開始

■販売日 : 平成29年(2017年)8月10日(木)から発売 ※なくなり次第終了
■販売価格: 1玉 4,000円~7,000円(税込)※サイズ・等級によって金額は異なります。
■販売店舗: 阪神百貨店 阪神梅田本店(大阪市北区梅田1丁目13番13号)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.