『日本茶のさわやかスイーツ』が刊行

煎茶、ほうじ茶、抹茶、和紅茶を使った初のレシピ集、『日本茶のさわやかスイーツ』が9月2日(土)に刊行されました。煎茶、ほうじ茶、抹茶、和紅茶でつくるお菓子レシピ50 - 茶葉をまるごと砕いたり、煮出したりして、おいしい日本茶をお菓子にして120%楽しむアイディアが満載です!

とびきりおいしい日本茶だから、飲むだけではなく、毎日の冷たいお菓子や焼き菓子に。
いま日本茶は、煎茶だけではなく、烏龍茶のように酸化発酵させたもの、乳酸発酵させたもの、有機栽培されたものなど、とにかく種類が増えています。「そんな香り高くおいしい日本茶を飲むだけではなく、さまざまなお菓子や飲み物に入れて、もっと日本茶の新しい魅力を発見していただきたい」という願から、この本が生まれました。著者はお菓子研究家で、日本茶インストラクターの本間節子さんです。約20年間日本茶にかかわりながら、お菓子をつくるうちに、とっておきの「日本茶スイーツ」のレシピができました。ジェラートやレアチーズケーキ、ティラミスなどの冷たいお菓子から、マドレーヌ、バターケーキ、マカロン、どらやきなどの焼き菓子など、日本茶の新しい風味が楽しめる50のレシピをご紹介します。日本茶を取り入れると、毎日のお菓子がもっとおいしくさわやかになります。

画像1: 食べる日本茶ブーム!日本茶をお菓子にして120%楽しむ方法

茶葉をまるごと砕いたり、煮出したりしてお菓子に。日本茶の新しい魅力を発見!
茶葉をまるごと砕いたり、煮出したりして、お菓子に入れて、乳製品や季節のフルーツと合わせてみてください。いままで気づかなかった日本茶のうまみや甘味、香ばしさなどに出合えます。日本茶を使ったお菓子のほかに、日本茶のおいしい淹れ方はもちろん、ハーブやスパイス、乳製品、炭酸などと合わせた新感覚の飲み物のレシピも紹介しています。日々、お菓子づくりの教室で生徒さんに伝えているように、よりおいしく、手際よくつくるためのコツをイラストにしました。

画像2: 食べる日本茶ブーム!日本茶をお菓子にして120%楽しむ方法

煎茶やほうじ茶、和紅茶を使って、とっておきのお菓子ができます。
抹茶だけではありません。煎茶を使ったお菓子も鮮やかな薄緑色が美しく、茶葉の味をしっかりと楽しめます。ほうじ茶も半発酵させた香り豊かなものなどがあり、いつものお菓子を一味違ったさわやかなものに仕上げられます。日本特有の「和紅茶」というお茶も、その独特の風味で最近人気を高めています。私たちの身近にある「日本茶」にもっと注目して、さまざまなお菓子に、飲み物にして楽しんでみてください。

画像3: 食べる日本茶ブーム!日本茶をお菓子にして120%楽しむ方法

『日本茶のさわやかスイーツ』
■発売日:2017年9月1日(金)
■定価 :1,512円 (税込)
■刊行 :株式会社 世界文化社
※一部書店により発売日が異なります。
<目次>
1.煎茶
煎茶のマドレーヌ
煎茶クリームのショートケーキ
煎茶のレアチーズケーキ
煎茶のブラマンジェ
煎茶のマカロン
煎茶いちご大福
煎茶&ほうじ茶のボンボンショコラ  
2.ほうじ茶
ほうじ茶ダコワーズ
ほうじ茶プリン
ほうじ茶フィナンシェ
ほうじ茶ときなこのコロコロクッキー
ほうじ茶のスイートポテト
ほうじ茶のどら焼き
ほうじ茶水ようかん
ほうじ茶の絞り出しクッキー
3.抹茶
抹茶と豆乳のババロア
抹茶とフォロマージュブランのチーズタルト
抹茶のティラミス
抹茶のロールケーキ
抹茶ジェラート
抹茶クリームのミルフィーユ
抹茶のカンノーリ
抹茶のガトーショコラ
4.和紅茶
和紅茶のモンブラン
和紅茶のアイスクリームパフェ
和紅茶のミルクレープ
和紅茶のバターケーキ
ミルクティーシフォンキー
和紅茶のサバラン風&ドーナツ
ほか
<著者プロフィール>
本間節子(ほんませつこ)
お菓子研究家、日本茶インストラクター。
季節感と素材のもち味を大切にした、毎日食べても心と身体にやさしい味のお菓子を提案している。お茶に詳しく、お菓子にあわせた飲み物に定評がある。自宅で少人数制のお菓子教室「atelier h (アトリエ・エイチ)を開くほか、書籍や雑誌でのレシピ提案、日本茶イベントや講習会などで幅広く活躍。

画像4: 食べる日本茶ブーム!日本茶をお菓子にして120%楽しむ方法
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.