2017年9月15日よりららぽーと3施設【三井ショッピングパーク アーバンドック ららぽーと豊洲・ららぽーとTOKYO-BAY・ららぽーと立川立飛】で順次期間限定開催!
画像: フォトジェニックスイーツの祭典『PHOTOGENIC SWEETS FESTA』開催!

『PHOTOGENIC SWEETS FESTA』 は、SNSのアップを目的として訪れる女子も多数の“フォトジェニック”なスイーツの人気店舗が集結し、ここでしか食べることができない限定メニューも味わえる、ららぽーと史上初のSNS映えを狙ったフォトジェニック・グルメイベントです。

話題のスイーツが勢ぞろい!

出店店舗数は1開催あたり最大12店舗を予定。今注目の 「Monarch of London(モナークオブロンドン)」や「TOTTI CANDY FACTORY(トッティキャンディファクトリー)」、「Anywhere Door(エニウェアドア)」などの人気店の出店が続々と決定しています。さらにイベント初出店の店舗や、イベントのためのとびきりフォトジェニックな新メニューの販売も予定し、イベントでしか味わうことの出来ないスイーツも登場します。その他、スイーツと一緒に撮影を楽しめるフォトスポットも設置しているので会場全体でSNSにあげたい写真撮影を楽しめちゃいます!

画像1: 話題のスイーツが勢ぞろい!

「Monarch of London(モナークオブロンドン)」 出店施設:豊洲,TOKYO-BAY
イギリス発のスイーツブランド「Monarch of London(モナークオブロンドン)」からはInstagramで 大流行中の”ユニコーンヨーグルトスムージー”が登場します。パステルカラーのスムージーは、メルヘンでンで幻想的であることを表した 「ゆめかわいい」で話題になった商品です。ヨーグルトで出来たスムージーなので見た目よりもさっぱりとした味わいになっていて、普段は店頭のみで販売のため、この機会に是非食べてみてくださいね!

画像2: 話題のスイーツが勢ぞろい!

TOTTI CANDY FACTORY(トッティキャンディファクトリー) 出店施設:TOKYO-BAY
原宿竹下通りで人気の「TOTTI CANDY FACTORY(トッティキャンディファクトリー)」からは、カラフルコットンキャンディが登場!こちらのコットンキャンディは日本ではほとんど見ることができない特別な機械で作られ、注文を受けてから目の前でわたあめ職人が作ってくれます。カラフルでふわふわなコットンキャンディはSNS映え必至の商品ですね!

画像3: 話題のスイーツが勢ぞろい!

Anywhere Door(エニウェアドア) 出店施設:豊洲,TOKYO-BAY,立川立飛
コーンショットで有名な「Anywhere Door」からは、ロンドンで人気のスイーツ”コットンキャディーアイス”がイベント初登場です。濃厚なアイスクリームの周りをコットンキャンディーであしらった新感覚のスイーツはトッピングも2種類選ぶことができ、自分の好みに合ったスイーツを作ることができちゃいます!

インスタ映えするフォトスポットも注目

画像: インスタ映えするフォトスポットも注目

本イベントでは、フォトジェニックな写真が撮れるスポットもたくさん!目玉として、インスタにあげるためだけに海を渡る人も現れるほどのフォトジェニックな観光地、アメリカのカリフォルニア州のカラフルなアート作品「サルベーションマウンテン」のパネルや、カラフルな郵便ポストを立体造形にて設置しています。その他、インスタで人気の、羽が生えた写真を撮影できるスポットも注目です。どんどん写真をアップして自慢しちゃいましょう!

フォトジェニックブームの今、日常では味わえない素敵な時間を楽しんでみてください!

<フォトスポット一覧>
・サルベーションマウンテンパネル
・立体造作ポスト 他
・羽つきチェア(背中から羽が生えたような写真が撮影可能。)
・オリジナルバスストップ(ピンクのバスストップをエントランスに設置。)
・バスタブ(お花でいっぱいの、ピンクを基調としたバスタブ。)

■『PHOTOGENIC SWEETS FESTA』開催概要
期間① :2017年9月15日(金)~9月18日(月・祝)
アーバンドック ららぽーと豊洲シーサイドデッキ内特設会場(東京都江東区豊洲2-4-9)
期間② :2017年9月28日(木)~10月1日(日)
ららぽーとTOKYO-BAYP6駐車場内特設会場(千葉県船橋市浜町2‐1‐1)
期間③ :2017年10月6日(金)~10月9日(月・祝)
ららぽーと立川立飛P4駐車場内特設会場(東京都立川市泉町935‐1)
営業時間    :11:00~18:00 ※本イベントは雨天決行です。
※荒天の場合にイベントを中止する場合がございます。あらかじめご了承ください。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.