北海道、札幌広域圏自治体が主催する体験型物産展をコンセプトにした「SAPPORO AREA GOURUMET FES」が10月5日(木)~10月9日(月・祝)の5日間限定で都内の豊洲のカフェにて開催されています。先日、メディア試食会があり、行ってきました!

会場は豊洲の「CAFÉ;HAUS」。物産展ながら、カフェハウスとのコラボでカフェでスタイリッシュに地域の名産品に触れすことができます。もちろん、物販コーナーもあり、ご当地名産品を気軽に購入できます。そしてドローンなどで撮影した北海道の知られざる絶景ムービーも上映されるなど様々な角度から北海道を知ることができるという、ちょっと一風変わった物産展です。

画像: 【試食レポ】カフェで北海道を味わおう♬

北海道と言えば「グルメ」!

でもやはり北海道といえば「グルメ」ですよね。なんと、エゾシカの肉やさっぽろスイーツ2017コンペティションでグランプリを獲得したスイーツなど珍しいもの、インスタ映えするメニューなどが目白押しなんです。

画像1: 北海道と言えば「グルメ」!

その一部をご紹介しましょう!

画像2: 北海道と言えば「グルメ」!

「エゾシカ肉のランプステーキ」
北海道・当別町ジビエ工房から直証されるエゾシカ肉のランプステーキで、ディナー限定となります。こちら、税込1994円!厚さ1センチを超えるステーキ5切れでこのお値段は驚きです。人生初でエゾシカ肉を頂きましたが、牛、豚、羊、ヤギ、イノシシと全く違う野性味あふれる味ながら臭みも全くなく本当に美味でした。獲れたてをすぐさばいて処理するのが美味しい秘訣だとか。税込1944円。

画像3: 北海道と言えば「グルメ」!

「さっぽろりんごミルフィーユ~ソースを添えて~」
さっぽろスイーツ2017コンペティションでグランプリを獲得た「さっぽろりんごミルフィーユ」に、千歳市のハスカップ・ブルーベリーソースがアレンジされたお品。ソースのアクセント、パリパリのミルフィーユがきいたこれまたインスタ映えしそう!税込842円。

画像4: 北海道と言えば「グルメ」!

「石狩市 とれたてタコのマリネ~千歳市のヒメマス魚醤仕立て~」
プリプリのタコにヒメマス魚醤が見事にマッチしていました!ヒメマス魚醤は初耳でしたが、去年製品化されたばかりの魚醤だそうです。日本一透明度の高い支笏湖で育ったヒメマスは臭みがなくお刺身など醤油代わりにも使えるそうです。ディナー限定、税込648円。

画像5: 北海道と言えば「グルメ」!

「北広島市・石狩市・恵庭市のプレミアム BBQプレート ウインナー2種&フランクフルト」
ブランド豚である望来豚、放牧豚にエーデルワイスファームのソーセージなど北海道のブランドポークが一気に3種類味わえます。たっぷりボリューミーでシェアにぴったり♪税込1058円。

画像6: 北海道と言えば「グルメ」!

「当別町 SPF豚バラベーコンとサポ露紙ミニトマト 江別小麦のもちもちパスタ」
SPF豚という、従来の豚より菌のすくない豚のベーコンに江別小麦を使用したもちもち麺に新鮮なトマトのハーモニーはバッチリ。ランチでも頂けますがランチタイムは普通麺を使用したパスタになるそうです。ランチタイム時 税込み1080円。ディナータイム時 1382円。

画像7: 北海道と言えば「グルメ」!

「新篠津村産ジャガイモとかぼちゃのコロッケ~恵庭市のレタスミニサラダ~」
北海道といえばジャガイモですが、さらに甘味の強いカボチャも使用されたコロッケもこれまた食べ応えたっぷり。単品はディナー限定で、ランチタイムは平日限定で定食として提供されるそうです。
ランチタイム 税込1080円。ディナータイム時 税込み540円。

また、ドリンクも北海道産の地ビールや地ワイン、りんごジュースなども用意されていますよ。

物販コーナーも種類豊富!

そして、カフェのエントランスでは各地域の特産品も展示されていました。こじんまりとしながらも、ユニークな品物がたくさんありましたよ。

画像1: 物販コーナーも種類豊富!
画像2: 物販コーナーも種類豊富!

千歳市のヒメマ魚醤「姫しずく」。フードの「石狩市 とれたてタコのマリネ~千歳市のヒメマス魚醤仕立て~」 にも使われている一品です。税込1500円。

画像3: 物販コーナーも種類豊富!

ドリンクメニューでも頂ける、新篠津村のこめサイダー。税込216円。

画像4: 物販コーナーも種類豊富!

恵庭市のとまと醤油「こだわち巧」。余湖農園の、通常の半分の農薬で育てられたこだわりのトマトを使用して作られているそうです。税込540円。

画像5: 物販コーナーも種類豊富!

江別市のノースアイランドビール「ヴァイツェン」。カナダで修行をされた方が作られるビールで、江別産の小麦「はるゆたか」を使用して作られているそうです。はるゆたか小麦のビール、初耳です。こちらも店内でもお飲み頂けます。税込500円。

画像6: 物販コーナーも種類豊富!

こちら、札幌羊ケ丘に浮かぶ羊雲をイメージして作られた「ふわふわラムキン」。本物の羊の羊毛を使った一品伊一品手作業で作られているそうです。お値段は個体により変わります。

画像: 「SAPPORO AREA GOURUMET FES」期間中はこのように店内あちこちに飾られていて、ふと目にするとほっこりしちゃいます。

「SAPPORO AREA GOURUMET FES」期間中はこのように店内あちこちに飾られていて、ふと目にするとほっこりしちゃいます。

空撮映像も!

期間中は店内にて地上カメラと、ドローンによる空撮で撮られたムービーも上映中。「モエレ沼公園」「オロロンライン」「支笏湖」の絶景はまるでここは日本?と思ってしまうようなダイナミックな映像い溢れていました。北海道・札幌にいった気分になること間違いなし!

画像1: 空撮映像も!

さらに、先着100名様限定のSNS投稿キャンペーンも開催中です。「SAPPORO AREA GOURUMET FES」のフードメニューを撮影しご自身のSNSに投稿すると「新日本三大夜景都市」に選ばれた札幌市の夜景が描かれた「オリジナルトラベールビール 3本セット」がプレゼントされます。

キャンペーン参加方法は。
①フードメニューを撮影し、「#北海道グルメ」を付けご自身のSNSに投稿。
②有楽町「どさんこ旅サロン」で投稿画面をスタッフに見せるとプレゼントと交換可能
となっています。プレゼント引き渡し場所はカフェではありませんのでご注意ください。
「どさんこ旅サロン」
〒100-0006 東京都千代田区有楽町 2-10-1 東京交通会館3F
営業時間 : 10:00~17:30(土日祝除く)

画像2: 空撮映像も!

短い開催期間ですが、連休を利用して豊洲で北海道を体感できるまたとないチャンス、ぜひおでかけしてみてはいかがでしょうか。

画像3: 空撮映像も!

【実施期間】
2017 年 10 月 5 日(木)~2017 年 10 月 9 日(月・祝) 5 日間
【実施時間】
11:30~23:00(カフェ営業時間)
【開催場所】
CAFÉ;HAUS(カフェハウス)〒135-0061 東京都江東区豊洲 2-1-9
【SAPPORO AREA GOURMET FES 公式 URL】

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.