カネボウ化粧品より、グローバルメイクブランド「KATE(ケイト)」から発売されてる新ベースメイクシリーズ『THE BASE ZERO』の体験イベントにお邪魔してきました!
今回のイベントには人気ヘアメイクアップアーティストのKUBOKIさんが登場。2017年秋のトレンドメイクや『THE BASE ZERO』を使ったベースメイクの方法を紹介してくださいました!

大ヒット!ベースメイクライン『THE BASE ZERO』

10代~20代の女性たちだけではなく、今や幅広い年代に人気を誇る「KATE」。
『THE BASE ZERO』は2017年4月1日の発売以来、人気商品となり中でも、中心商品の「ケイト シークレットスキンメイカーゼロ(リキッド)」は、累計出荷数130万本以上の大ヒット商品になりました。

画像: 大ヒット!ベースメイクライン『THE BASE ZERO』

人気ヘアメイクアップアーティストKUBOKIさん登場!

女性誌だけでなく、メンズ、Show、映画などさまざまなジャンルに活動の場を置き、アーティスト、俳優、タレントのヘアメイクを手掛けるKUBOKIさんが登場し、2017年秋のトレンドメイクについてお話ししてくれました。

画像: KUBOKIさんの登場です!

KUBOKIさんの登場です!

ベースメイクのトレンドは、ナチュラル肌から”オトナ肌”へ

ベースメイクでは、長らくナチュラルな肌が主流でしたが、今の流行りはきちんとカバーできているけど、厚塗り感がなく触るとすべっとするようなオトナ肌がトレンドとのことです。

第一印象を大きく左右するベースメーク

男女関係なく、肌が人に印象に与える影響は大きく、「生活や性格は肌に出やすいため、きちんときれいにカバーしている方がいい」とベースメイクの大切さについてお話ししていました。
今はファンデーションも高機能なものが多く発売されているので、プロの方でも難しいテクニックを使わなくてもよくなってきているそうです。
一般の方でも、無理なくきちんとカバー出来るようになったということですね。

《モデルさんへメイクのデモンストレーション開始!》

画像: モデルさんへ実際にメイク開始!

モデルさんへ実際にメイク開始!

この時、『THE BASE ZERO』シリーズ「ケイト シークレットスキンCCベースゼロ」を下地として使用した後に、「ケイト シークレットスキンメイカーゼロ(リキッド)」をお肌のせてメイクアップ!
少ない量でもかなり伸びがある為、厚塗り感のないしっかり”オトナ肌”が完成。

画像: ベースメイクが完成!

ベースメイクが完成!

厚塗りではないのに、きれいな肌に仕上がっていますね!
「ケイト シークレットスキンメイカーゼロ(リキッド)」は女性の気になる肌悩みとしてあげられる、「血色が悪い」に着目して血色感のある肌に見せる為、新しい色設計になっています。
チークなしでも血色感があって、しっかりとカバーされている肌にとても感動しました!

実際にメイク体験してみました

イベント会場の地下では商品を体験できるスペースがあったので行ってみました!!

画像1: 実際にメイク体験してみました

テーブルには「ケイト シークレットスキンメイカーゼロ(リキッド)」やチークが用意されていたので、実際に試してみました。

画像: KATEの商品がたくさん!

KATEの商品がたくさん!

画像: 今回は標準的な肌色をお試し!

今回は標準的な肌色をお試し!

画像: 色の展開が多いので、自分の肌色に合わせて選べます。

色の展開が多いので、自分の肌色に合わせて選べます。

肌にのせた瞬間するっと伸びて、気になる部分をカバーしてくれました。一回でカバーできると、何度も重ね塗りすることがないので厚塗り感なく、さらに付け心地はサラっとしてベタつきも気になりませんでした!きれいな”ゼロ肌”に大満足です。

参加者が座っている席をKUBOKIさんが見て回って、お肌の「お悩み別」に合ったタッチアップも体験できました!

画像: KATEの世界観たっぷりのブース

KATEの世界観たっぷりのブース

画像2: 実際にメイク体験してみました
画像: 11月1日に発売予定の新作パレットもお披露目

11月1日に発売予定の新作パレットもお披露目

普段KATEのアイシャドウやリップを愛用していましたが、今回ベースメイクラインの良さを知ることができました!ぜひみなさんも、一度『THE BASE ZERO』シリーズで、”ゼロ”肌を体感してみてはいかがでしょうか?

■『THE BASE ZERO』についてはこちら↓

http://www.nomorerules.net/pickup/secret_skinmaker_zero.html

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.