小樽洋菓子舗ルタオより期間限定でオリジナルのお重にはいった「スイーツおせち」が今年も限定250台で予約受付中!毎年販売終了前に完売となる「スイーツおせち」は、今年もパティシエが手作りでご用意。2018年の「スイーツおせち」は1段目をルタオのパティシエ外山氏が、2段目をショコラティエの古川氏が担当。二人がお互いの持ち味を出し合って完成させた、アイディアいっぱいの御節。定番のドゥーブルフロマージュから新作ケーキ、プリンなど様々なスイーツがお重に詰った堂々の出来栄えですよ。

画像: 【一のお重(右) 華】 左上:フルーツたっぷりプリンアラモード 右上:レアチーズの求肥包み 左下:ドゥーブルフロマージュ 右下:案納芋タルトと抹茶ロール 【二のお重(左) 彩】 左上:ピスタチオのケーキ 右上:ホワイトチョコのサンサシオン アプリコットのパウンド 左下:マロンのカップケーキ 紅茶のブラウニー 右下:ベリーショコラ

【一のお重(右) 華】
左上:フルーツたっぷりプリンアラモード
右上:レアチーズの求肥包み
左下:ドゥーブルフロマージュ
右下:案納芋タルトと抹茶ロール
【二のお重(左) 彩】
左上:ピスタチオのケーキ
右上:ホワイトチョコのサンサシオン
アプリコットのパウンド
左下:マロンのカップケーキ
紅茶のブラウニー
右下:ベリーショコラ

商品名:スイーツおせち2018
お重のサイズ: 2段(各20.8cm×20.8cm×7cm )
価格:25,920円(税込)
販売期間:2017年12月23日(土)まで
※売り切れの際はご了承下さい。
お届け期間:12月27日(水)~12月30日(土)まで

気になる中身は…?

画像: ピスタチオのケーキ ショコラムースにあわせたのは、ピスタチオのムースとクリーム、そしてトッピングのピスタチオ。 ピスタチオをさまざまな角度から味わえます。

ピスタチオのケーキ
ショコラムースにあわせたのは、ピスタチオのムースとクリーム、そしてトッピングのピスタチオ。
ピスタチオをさまざまな角度から味わえます。

画像: 案納芋タルトと抹茶ロール 濃厚な甘みがたまらない、希少な案納芋を使ったタルト。 香りたつ抹茶の風味が楽しめる、しっとりダックワーズ記事の抹茶ロールをそえました。

案納芋タルトと抹茶ロール
濃厚な甘みがたまらない、希少な案納芋を使ったタルト。
香りたつ抹茶の風味が楽しめる、しっとりダックワーズ記事の抹茶ロールをそえました。

画像: ドゥーブルフロマージュ ルタオの大人気スイーツ、ドゥーブルフロマージュです。 多くの皆さまに愛されている“奇跡の口どけ”は、お正月にも欠かせません。

ドゥーブルフロマージュ
ルタオの大人気スイーツ、ドゥーブルフロマージュです。
多くの皆さまに愛されている“奇跡の口どけ”は、お正月にも欠かせません。

画像: レアチーズの求肥包み イメージは「パティスリーの大福」もちもち求肥の中には、なめらか食感のレアチーズ。 味は、甘酸っぱい苺と、甘みがやさしい小豆の2種類です。

レアチーズの求肥包み
イメージは「パティスリーの大福」もちもち求肥の中には、なめらか食感のレアチーズ。
味は、甘酸っぱい苺と、甘みがやさしい小豆の2種類です。

画像: フルーツたっぷりプリンアラモード 定番のプリンアラモードをおせち風にアレンジしました。フルーツのほどよい酸味とプリンとの相性はばっちり。後味もすっきり爽やかです。

フルーツたっぷりプリンアラモード
定番のプリンアラモードをおせち風にアレンジしました。フルーツのほどよい酸味とプリンとの相性はばっちり。後味もすっきり爽やかです。

画像: ホワイトチョコのサンサシオン アプリコットのパウンド マンゴーとクランベリーで爽やかに仕上げたホワイトチョコレートで作ったサンサシオンと、セミドライのアプリコット、アプリコットジャムを添えたパウンド。

ホワイトチョコのサンサシオン
アプリコットのパウンド
マンゴーとクランベリーで爽やかに仕上げたホワイトチョコレートで作ったサンサシオンと、セミドライのアプリコット、アプリコットジャムを添えたパウンド。

画像: マロンのカップケーキ 紅茶のブラウニー マロン生地にマロンクリームを絞り栗をトッピングしたカップケーキと、紅茶の上品な風味と香ばしいナッツの食感が楽しめるブラウニー。

マロンのカップケーキ
紅茶のブラウニー
マロン生地にマロンクリームを絞り栗をトッピングしたカップケーキと、紅茶の上品な風味と香ばしいナッツの食感が楽しめるブラウニー。

画像: ベリーショコラ ショコラムースの上にフリュイルージュムースを重ね、赤・黒すぐり、桑の実、こけもも、森の苺メランジェフリュイで色鮮やかに仕上げました。

ベリーショコラ
ショコラムースの上にフリュイルージュムースを重ね、赤・黒すぐり、桑の実、こけもも、森の苺メランジェフリュイで色鮮やかに仕上げました。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.