Amazonプライム・ビデオ製作の恋愛リアリティ番組『バチェラー・ジャパン』シーズン2の新バチェラー小柳津林太郎氏の心を勝ち取るために集結した、女性参加者20名が発表されました。更に、シーズン1から引き続き、本編の裏話や参加者についての語りには、今田耕司氏に加え、「バチェラー・ジャパン ファン」と公言している、藤森慎吾氏(オリエンタルラジオ)と指原莉乃氏(HKT48)を新たな出演者に迎え、番組を盛り上げます!

画像: 新バチェラー小柳津林太郎氏の心を勝ち取る女性は誰でしょうか…? (C)2017 Warner Bros. International Television Production Limited. All rights reserved.

新バチェラー小柳津林太郎氏の心を勝ち取る女性は誰でしょうか…?
(C)2017 Warner Bros. International Television Production Limited. All rights reserved.

本シリーズは、一人の独身男性=「バチェラー(Bachelor)」が真の愛を見つけ出すため、彼の心をつかみたいと思っている20名の女性とともにドラマと情熱に溢れた最高にゴージャスな婚活体験を繰り広げる恋愛リアリティ番組です。各話の最後にはバチェラーが選んだ女性にのみバラを渡すローズセレモニーが行われ、バラを受け取らなかった女性は番組を去ります。回を追うごとに女性の人数は減っていき、最終話の時点で、見事バチェラーのハートを射止めた女性がいれば、その1名に、バチェラーから結婚を前提とした交際の申し込みが行われます。シーズン2では女性参加者が25名から20名となり、バチェラーと一人一人の女性とのやりとりがより丁寧に描かれます。本気でバチェラーと恋をするために全国から集った女性たちの年齢や職業は様々で、剣道家、スマホデザイナーや税理士アシスタントなど多岐にわたります。

また、12月中旬よりバチェラー・ジャパンの特別番組『ナインティナインのバチェラー大予想スペシャル!』が一般公開されます。本番組では矢部浩之氏(ナインティナイン)が進行役として、岡村隆史氏(ナインティナイン)、柳原加奈子氏、そして高橋真麻氏がバチェラー・ファン役として、参加女性20名それぞれのバチェラーとの恋愛ポテンシャルを評価し、どの女性が最後まで残るのかを既存情報や恋愛心理学の分析により予想する番組です。バチェラー上級者を名乗り、自身のラジオ番組『岡村隆史のオールナイトニッポン』の結婚相手募集企画『オカチェラーJAPAN』でバチェラーの疑似体験をした岡村氏が、一体どのように『バチェラー・ジャパン』シーズン2の女性参加者を見るのか、オカチェラー独自の視点や解釈に乞うご期待ください!

画像1: (C)2017 Warner Bros. International Television Production Limited. All rights reserved.

(C)2017 Warner Bros. International Television Production Limited. All rights reserved.

出演する20名はこちら!

「変人と呼んでほしい嬢」
■安藤 きらり(あんどう きらり)
■23歳
■スマホケースデザイナー
■愛知県
「前回のシーズン1を見て、自分だったらこうする、こうしたいと思う点がいくつかあり応募しました。素敵なデートがしたいです!デートだけでなく、小柳津さんのことを尊敬して、深く知っていきたいです。そして女性の戦いが好きなので、自身の変わっている所を生かしてアピールできるように頑張りたいです!」
「ダメ男製造機」
■岩永 幸子(いわなが さちこ)
■31歳
■ヘルシーホームパーティークリエイター
■大阪府
「実はシーズン1に友人が参加していたことをきっかけにこの番組のことを知りました。私もあんな風にデートをして、恋をして、幸せをつかめたらなと思い応募させていただきました。せっかくつかんだチャンスなので後悔のないように思いきりぶつかろうと思います。周りからはダメ男製造機と言われていますが、最後の恋ができるように頑張ります。」
「素をボン!ガール」
■上野 彩(うえの あや)
■26歳
■幼稚園教諭
■東京都
「自分を偽らずに最初から素をボン!と出していこうと思います。24歳頃から結婚を意識していて、あとはお相手がいれば良いという状態でした。友人に勧められ、祖父母からも「あなたは家庭的だし気が利くから早く結婚しなさいと」言われていたので応募しました。小柳津さんと素敵な時間を過ごしたいです。」
「こじらせ姫」
■右手 愛美(うて まなみ)
■30歳
■劇団主宰
■愛知県
「今までに参加した婚活パーティーでは人を好きになれず、こじらせていると思いました。そんなとき、前回のバチェラーを見て、私もこんな風に運命の人と出会いたいと思い、どうやって応募できるかずっと探していました。20人に選ばれたからには、絶対に最高の時間を過ごしたいです。そのための努力は惜しみません。恋愛ハウツー本で色々と勉強して臨みます。」
「バスケ一匹狼」
■岡田 茉里乃(おかだ まりの)
■25歳
■ヨガインストラクター
■滋賀県
「20歳から25歳までは自分の夢を追いかけたいと家族と約束をしていたので最後の1年後悔の無いように、挑戦をしに東京へ来ました。そんな中で結婚、仕事と向き合うチャンスだと思い応募させてもらいました。周囲を気にせず、たくさんのことを感じ取りながらバチェラーと自分の心としっかり向き合って限られた時間を大切に過ごしていけたらと思っています。小柳津さんと同じくバスケは得意です。」
「仕事優先マジメガール」
■小口 那奈子(おぐち ななこ)
■27歳
■税理士アシスタント
■山梨県
「2016年の12月31日にメール一行で当時付き合っていた彼に振られてしまい、数ヶ月間落ち込んでいた頃、そろそろ立ち直って新しい恋をしよう!と思った時にバチェラー参加者を募集していることを知り、トライしてみようと思い応募しました。小柳津さんがどんな方なのかデートしてたくさん知りたいです。今まで仕事と勉強ともに真面目に取り組んできた実績があるので、きっとたくさん魅力的な女の子がいると思うけど誰にも負けません!」
「現実主義の女王」
■大野 愛友佳(おおの あゆか)
■23歳
■IT企業勤務
■東京都
「私自身は現実主義なのですが、元々バチェラー・ジャパンが大好きで、現実とかけ離れた生活を送りたいと思ったのがきっかけです。社会人になって、色々な職業の方とお会いする機会も増え、30代の男性に惹かれていたので、これは絶対に応募しないと!と思いました。まずは全力で楽しむ!そして、小柳津さんと全力で向き合って、良い結果になれば嬉しいです。」
「埋もれたくなかった女」
■加藤 優花(かとう ゆか)
■25歳
■海外エンタメライター
■京都府
「まず小柳津さんの写真を見て格好良いと思ったのが一番のキッカケです。プロフィールを見て趣味も合いそうだなと思いました。夢を追いかけている素敵な方と結婚することが私の夢なので、小柳津さんがピッタリだと思いました。自分の気持ちを相手に伝えることは簡単ではないかもしれませんが、大勢の女性の中に埋もれないよう、自分自身と戦う気持ちで頑張ります!」
「馬と酎ハイと私」
■城戸 梨紗(きど りさ)
■30歳
■シナリオライター
■岡山県
「今まで「結婚した〜い」と安易に口にしていましたが、最近真剣に考えるようになり、ちょうどそのタイミングでこの番組の存在を知り、何かの縁かもしれないと思い応募しました。女の戦いもあるとは思いますが、私はバチェラーに会うために参加するので、バチェラーとの恋愛を全力で楽しみたいです!競馬好きなので、小柳津さんとは酎ハイ片手に、晩まで競馬観戦したいです。」
「呪われた不運ガール」
■倉田 茉美(くらた まみ)
■27歳
■イラストレーター
■京都府
「私がなかなか恋人も出来ず、更に仕事もうまく行かなくなってしまったときに、ちょうどシーズン2の応募を見つけて、バチェラーにハマっていた姉に勧められて応募したのがきっかけです。とにかく、本気で恋愛します!私は林太郎さんを知らない頃から、このバチェラーに出られたのなら、私と同じように選ばれて、出会う相手が運命の人であることをずっと願ってここまで来ました。それをちゃんと林太郎さんに伝えて、私の全部の武器を使って、愛し、愛されたいと思います!!」
「世間知らずの最年少」
■瀬口 美乃(せぐち よしの)
■21歳
■剣道家
■東京都
「私は色々な事を同時にやるのが苦手で、この21年間ずっと1つの夢に向かって生活してきました。よって、恋愛はあまりしてきませんでした。気がつけば周りには、結婚した子が増えていて、温かい家庭に憧れるようになったのがきっかけで応募しました。非日常の世界で色々な事が待っていると思いますが、自分らしく自然体で気持ちをぶつけていきたいです!」
「結婚するために生きてきた」
■田中 響子(たなか きょうこ)
■24歳
■料理ブロガー
■滋賀県
「応募した理由は結婚したいからです。シーズン1の参加者募集のお知らせを見て、迷いに迷って勇気が出せず、応募できませんでした。ですが、シーズン1の配信を見てとても後悔したので、シーズン2には必ず出たいと思い応募しました。皆さんの陰に隠れないよう、自分なりにアピールして頑張りたいと思います。」
「尽くしちゃうんです」
■長野 真琴(ながの まこと)
■26歳
■レンタル着物店経営
■愛媛県
「たまたま参加者募集の案内を見つけて興味がわき、そして小柳津さんが素敵だったので応募しました。選ばれたことでまだびっくりしていますし、嬉しいのと不安なのと半分ですが、選んでいただいたことをすごく感謝しています。恋愛に関しては、のめり込みやすく、好きになると尽くすタイプです。」
「石ころガール」
■西村 由花(にしむら ゆか)
■23歳
■舞台女優
■東京都
「子どもの頃、プリンセス願望というか、女の子が王子様と出会い、幸せな結婚をする物語に憧れていました。大人になりそんな現実離れしたことは起こらないと諦めていましたが、バチェラー・ジャパンはその夢を現実にしてくれるかもしれないと思い応募しました。選ばれたからには目を星に向け、足を地につけ、踏ん張っていきます。石と星と動物についてなら何でも聞いてください。」
「能動的チアガール」
■野田 あず沙(のだ あずさ)
■28歳
■元プロ野球チアリーダー
■神奈川県
「今までは仕事中心でしたが、自分の幸せを考えた時に好きな人と結婚したいと思うようになり、そんな時にバチェラーの女性参加者募集を見つけました。まだ小柳津さんとお会いする前ですが、もう私の中でバチェラーは始まっています!チャレンジ精神を生かして、悔いのない時間にしたいです。」
「本当の愛を知っている宇宙人」
■福良 真莉果(ふくら まりか)
■31歳
■受付嬢
■北海道
「子供時代のあだ名が宇宙人でした。シーズン1を見て、女性一人一人の思い、本気な気持ちに感銘を受けました。一番の理由は結婚したい!!ですが、私は感情が豊かで嘘がつけず、相手に真っ直ぐ向き合っていく性格なので、この番組に合っていて挑戦したいと思いました。正直不安もありますが、全力で楽しみたい!他の女性よりも本気度は人一倍ありますし、小柳津さんの心をつかむ自信もあります。決してきどらず自然なままの私で毎日楽しく過ごしたいです。」
「横取りしたガール」
■宮瀬 彩加(みやせ あやか)
■24歳
■レザークリエイター
■滋賀県
「過去に友人の彼氏を奪った経験がありますが、恋愛なら恋愛、仕事なら仕事など、一つのことに集中しないとどちらも満足がいかなくなる性格だと気が付いてからは、ずっと恋愛をしてきませんでした。ですが、バチェラーは恋愛にグッと集中できるので良い機会だと思って応募しました。最後に私を選んでもらえるように頑張ります!!」
「肉食バイヤー」
■桃田 奈々(ももだ なな)
■26歳
■アパレルバイヤー
■広島県
「恋愛、仕事、プライベートにおいて割と肉食です。結婚願望はあったのですが、出会いも少なく、仕事柄日本を離れることが多く関係を築くことが難しかったのですが、この番組の特殊な環境であればきっと深い関係を築くことができると思い応募しました。私は生まれてから一度も指輪を付けたことがありません。最初で最後の指輪は結婚指輪と子どもの頃から決めていました。バチェラーでぜひその指輪をGETしたいです!」
「色気に自信あり」
■若尾 綾香(わかお あやか)
■28歳
■モデル
■山梨県
「スタイルと色気には自信があります。周りが結婚していく中で、仕事を優先してきて、結婚はしたいけど何が大切で何を求めているのかが分からなくなり、バチェラーをきっかけに自身の愛と結婚を見つめ、夢が見れたらと思い応募しました。絶対1位!に選ばれるように頑張ります!」
「あなたのために歌います」
■渡邉 優(わたなべ ゆう)
■22歳
■シンガーソングライター
■埼玉県
「シーズン1を見て、こんなに面白い番組があるのか!とすごくハマってしまいました。シーズン2の募集を見て絶対に出たい!と思って応募しました。家族が25歳で結婚しているので、そろそろ経済的にも余裕があって素敵な人と出会いたいと思っていました。小柳津さんに聞いてほしい曲があるので、披露できる機会を楽しみにしています。」

画像2: (C)2017 Warner Bros. International Television Production Limited. All rights reserved.

(C)2017 Warner Bros. International Television Production Limited. All rights reserved.

『バチェラー・ジャパン』シーズン2 概要
タイトル:『バチェラー・ジャパン』シーズン2
配信開始日:2018年 春
バチェラー:小柳津林太郎
出演:坂東工
トークセッション出演:今田耕司、藤森慎吾(オリエンタルラジオ)、指原莉乃(HKT48)
製作:Amazonプライム・ビデオ

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.