洋服を着替えるようにベル トを付け替えるスタイルのウォッチブランド「UDE sartoriale(ウーデ サルトリアーレ)」が世界に先駆け、11月16日(木)より日本国内での販売を開始しています。

画像1: 洋服を着替えるようにベルトを付け替える世界初のスタイル「UDE sartoriale」が世界に先駆け日本先行発売開始!

「UDE sartoriale」は日本人の祖母を持つイタリア人デザイナーRomano Agnelli(ロマーノ・アニエッリ)氏が 「洋服のようなエレガントな時計のベルトはできないだろうか」とイタリアのスーツ職人から着想を得た ウォッチブランド。2005年にイタリアの生地と時計を組み合わせた斬新な時計を発売しましたが、生地の弱さに違和感を抱いていた同氏がヨーロッパ中を探し回っても見つからなかった理想の生地を、日本でやっと見つけることができました。

画像2: 洋服を着替えるようにベルトを付け替える世界初のスタイル「UDE sartoriale」が世界に先駆け日本先行発売開始!

Romano Agnelli氏の第2の故郷日本の中でも、遠州・三河・知多・泉州でブロード生地を、岡山・鹿児島でデニム生地を見つけ、量産性のマシンメイドではなく、職人による丁寧なハンドメイドにこだわり、日本でゼロから作り直し、生まれ変わった新しい腕時計が「UDE sartoriale」なのです。

イタリアの仕立て職人と日本のクラフツ マンシップにインスパイアされた時計

「UDE sartoriale」のベルトは、尾錠を止めるパーツとし てシャツボタンを採用し、シャツを留めるような感覚でベルトを付け替えることができます。また、アクセサリーベルトだけの単体売りも行っており、時計のベルトをスタイルに合わせて楽しんでもらいたいという同ブランドの想いが込められています。特に高い技術力が求められるストライプのベルトは、職人のハンドメイドだからこそ実現できる1本です!

画像1: イタリアの仕立て職人と日本のクラフツ マンシップにインスパイアされた時計
画像2: イタリアの仕立て職人と日本のクラフツ マンシップにインスパイアされた時計

洋服を着替えるようにベルトを付け替える UDE sartorialeだけのスタイル

メンズのドレッシースタイルには、スーツやシャツ、ネクタイ、チーフに合わせられるドット・ペーズリー・花柄、 をカジュアルなスタイルにはデニム地や小物と合わせやすいデニム素材、ボーダー・カモフラ柄を提案。レディースでは、インデックスに独特な光沢のあるシェル(天然貝)を採用し、華やかで遊び心のあるワンポイントを加えています。

画像1: 洋服を着替えるようにベルトを付け替える UDE sartorialeだけのスタイル
画像2: 洋服を着替えるようにベルトを付け替える UDE sartorialeだけのスタイル

ベルトと同じ柄のチーフも展開

ベルトと同一素材のチーフも展開。ドット、チェック、ペーズリー、花柄の7種類で、時計と合わせて楽しんでみてください。
チーフ:各2,700円(税抜)

クリスマスモデルも展開

「UDE sartoriale」ではクリスマスモデルの販売中。パートナーへのクリスマスプレゼントにいかがですか?

画像: (左)メンズ (右)レディース

(左)メンズ 
(右)レディース

<UDE Sartoriale商品概要>
メンズ:27,500円(税抜)
レディース:26,500円(税抜)
ベルト単体:5,000円/1本(税抜)
チーフ(7種):2,700円(税抜)
販売店舗:ナノ・ユニバース
(東京、ららぽーと豊洲、新宿、有楽町、横浜D、大宮、船橋、札幌ステラプライス、名古屋ラシック、名鉄、京都、難波、梅田、広島)
カラー:メンズGD・SS、レディースPG・SS
生産国:日本

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.